大野雄二(オオノユウジ) のチケット情報

お気に入り登録する
大野 雄二(おおの ゆうじ、英:Yuji Ohno 1941年5月30日 - )は、日本のジャズピアニスト、作曲家、編曲家。静岡県熱海市出身。

日本テレビ音楽専属、フリーを経て、バップ専属で活動している。

来歴
演奏家・作曲家として
実家は静岡県熱海市の老舗旅館として知られる「ホテル大野屋」の創業家一族。小学生の時からピアノを初め、慶應義塾高等学校時代、同級生だった明石勇(クラリネット担当、後にNHKアナウンサーとなる)らと「ジュニア・ライト・ミュージック」を結成。同時期に、独学でジャズを学ぶ。慶應義塾大学法学部に入学後は、名門ビッグバンド「慶應義塾大学ライトミュージックソサエティ」に所属。鈴木"コルゲン"宏昌、佐藤允彦らと共に「慶應のピアノ三羽烏」と呼ばれた。佐藤は『証言で綴る日本のジャズ史』の中で、慶應在学中に大野と遊びながら和音を作ったと証言している。大野は前田憲男に師事した。

大学在学中、渋谷毅の推薦で藤家虹二クインテットに所属し、プロ・ピアニストとなる。その後白木秀雄(大野のアルバム・デビューは、東芝から発売された白木秀雄クインテットでのLP『HIDEO SHIRAKI MEETS YUZO KAYAMA』)のバックを経て、自らのバンド「大野雄二トリオ」を結成する。

1970年代前半にピアニストを休業し、作曲家活動に専念。テレビドラマや映画の劇伴などを手がけ始める。1975年には、しばたはつみの「シンガー・レディ」を作曲した。アルバムでは11曲中8曲を作曲している。

1976年、映画『犬神家の一族』の音楽を担当に主演した石坂浩二は慶應義塾高等学校・慶應義塾大学法学部の同級生であり、アルバム『音楽と幻想』をリリースしている。劇場公開時のパンフレットには、石坂が大野のレコーディングスタジオを訪ねた記事が掲載されている。

ルパン三世とテレビ番組作品
1977年にはテレビ版『ルパン三世』第二シリーズの音楽を担当が歌った『人間の証明のテーマ』を担当した。この曲も角川映画のCMが多すぎて、正当に評価されない傾向が強かった。78年には『野生の証明」の主題歌、町田義人の「戦士の休息」を作曲した。

松木恒秀(G)、長岡道夫(Bass/SHOGUNのミッチー長岡)、数原晋(Tp)、渡嘉敷祐一(Dr)、市原康(Dr)などと結成した「ユー&エクスプロージョン・バンド
「大野雄二」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月16日(火) 14:15UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

大野雄二 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み