一青窈(ヒトトヨウ) のチケット情報

お気に入り登録する
一青窈
一青 窈(ひとと よう、1976年9月20日 - )は、女性歌手・作詞家・俳優。慶應義塾大学環境情報学部卒。姉は舞台女優の一青妙(ひとと たえ)。

来歴
父は台湾人、母は日本人(石川県出身)。中国語の漢字名は顏窈(イエン・ヤオ)で、「顏」は父親の姓。「一青」は母親の姓。父は九(省略)の金鉱経営で成功し、台湾の5大財閥に数えられた顔一族の長男・顔恵民であった。戦前から戦後にかけて日本に長く滞在していた父と母が出会い、台湾で妙と窈が生まれた。

幼稚園卒園後に父を台湾に残し、母、姉と日本で生活することとなる。小学生2年の時に父が癌で死去。以降、母の姓の一青を名乗る。小学校高学年の頃に宮沢賢治の詩に触発され、詩を書き始める。初等部から森村学園に通い、美術部とバスケットボール部に所属、生徒会では書記を務める。高校生の時に母も癌で亡くす(参考)。

半年の浪人期間を経て、AO入試で慶應義塾大学環境情報学部(SFC湘南藤沢キャンパス)に入学。慶應義塾広告学研究会、ジャズ研究会、K.O.E.(アカペラサークル)に所属し、ストリートライブを行うなどした。K.O.E.で現ゴスペラーズの北山陽一と出合い、自作の詩を見せたところ「お前の詩は面白い。FAXしてくれたらいくらでも曲を付けるから歌え」と提案され、以降自分の詩で歌うこととなる。

その後、小学生の時から書きためていた詩がレコード会社の目に留まり、2002年、「もらい泣き」でデビュー。同曲がヒットし、ファーストアルバム『月天心』で大ブレイク。数々の音楽賞や新人賞を受賞する。2003年、第54回NHK紅白歌合戦に初出場。2004年、「ハナミズキ」が大ヒット。映画『珈琲時光』主演で女優デビューし、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2006年、初のベストアルバムを発表。

2006年、日本人アーティストとして初めて、カーボンオフセットライブを逗子海岸の音魂(Otodama Sea Studio)で行い、現在(2009年)まで毎年継続している。ベストアルバム『BESTYO』の初版もカーボンオフセットしている。台湾でもCD・DVDが発売されており、『もらい泣き』『大家』『月天心』のジャケットは台湾オリジナル仕様となっている。台湾のキリンビールのCMにも出演し、台湾の愛唱歌『望春風』が使われた。

2008年12月には、岩松了演出の音楽劇「
「一青窈」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年03月07日(木) 02:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 中島みゆきリスペクトライブ2019 歌縁 in 中野サンプラザ

    中島みゆきさんをリスペクトしている私にとっても至福な時間となりました。 まるでキャストの持ち歌でもあるように独自の世界観に包まれ、まさに歌を通じての縁であり、歌の素晴しさを再認識できました。

    姫☆
  • 一青窈 Tour 2017~ライブレポ

    会場は岡山県吉備中央町の 「ロマン高原かよう総合会館 レインボーホール」。 座席は8列36番、なかなかの好位置!! 新しいアルバムタイトルにもなっている “歌祭文”(うたざいもん)のルーツを元に、 法螺貝(ほらがい)をイメージした ステージセットは素晴らしかった! 今回は2部構成になっていて 1部の時にはベースとなる”巨大モニュメント”に 巨大な白色の布を掛けて一青窈さん曰く、 「お母さんのおなかのイメージ」だそうです。。。 なるほど、なるほど! ちなみに2部では その巨大な白い布を全部取り除き ”巨大モニュメント”だけにして LEDライトで装飾したセットが追加されました。 そうそう、 1部と2部の開演を知らせる合図は 法螺貝(ほらがい)だったことも付け加えておきます。 法螺貝が開演の合図を告げると 緞帳(どんちょう)がゆっくりと上がり、 演奏が始まりました。 一青窈さんの姿はまだ見えません。 でも歌は聞こえてきます。。。 一青窈さんは紗幕(しゃまく)と呼ばれる 薄い白色の布で作った幕の奥にいらっしゃいました。 そして最後までその中から歌った 「♪会いたかったのは僕の方」という曲、 オープニング曲として最高にふさわしい曲でした。 曲の方ですが、Newアルバム 『歌祭文 〜ALLTIMEBEST〜』からの曲がメインとなりました。 なんと言っても会場が一番盛り上がったのが 2部ステージ・・・、 2002年デビュー曲の「♪もらい泣き」でしたね! 曲の間中、会場の通路を歩いて会場のお客さんと 握手やハイタッチ!をしながら歌われました。

    yoshitan
  • 一青窈/仙台フィルメンバーズ

    前半は、仙台フィルメンバーズによる弦楽器の演奏が温かみのある音色と、素人の私でも聞いたことのある曲ばかりで飽きることなく楽しめました。また、出だしで音が一か所外れたような気がしましたが、中島みゆきさんのライブみたいで生演奏なんだなと感激しました。 後半は、一青窈さんの台湾民謡とヒット曲で会場も盛り上がりました。10年前のライブで感じた心の迷いみたいなものは感じられず、しっかりと根を下ろした安定感みたいな、生きがいを見つけたような姿勢が好感が持てました。

    あやちゃ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

一青窈 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み