ザ・ぼんち(ザボンチ) のチケット情報

お気に入り登録する
ザ・ぼんちは、日本の漫才コンビ。1980年代前半の「漫才ブーム」で人気を博したのち、長い活動休止をはさみ、2000年代に再結成した。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

メンバー
ぼんち おさむ(1952年12月16日 - )
* 本名:長瀬 修一(ながせ しゅういち)。旧芸名は単に「おさむ」。ボケ担当。立ち位置は向かって左。
* 大阪市大正区出身(現在は天王寺区在住)。松竹新喜劇俳優の曾我廼家明蝶の開設した俳優養成所「明蝶芸術学院」で喜劇役者を目指すが、タイヘイトリオの勧めで漫才に転向し浮世亭歌楽の指導を受ける。3か月ほど「やらかす一石・二蝶」というコンビを組んでいた。
: 「ザ・ぼんち」の一時解散後、俳優としての活動を始め、『はぐれ刑事純情派』などのテレビドラマなどに出演。
その他おさむの詳細はぼんちおさむの項参照。

里見 まさと(さとみ まさと、1952年4月25日 - )
* 本名:里 道和(さと みちかず)。旧芸名は単に「まさと」。ツッコミ担当。立ち位置は向かって右。
* 兵庫県姫路市出身。父親は広島県尾道市の、母親は地元姫路の出身。そんなときに読んだ週刊誌で「西川きよしさんが『二十歳で家建てた』っていう記事を偶然読んで、こら漫才しかないなあ」と思い立った。高校時代の同級生にのちの相方・おさむや九十九一がいた。高校卒業後の1971年にタイヘイトリオに入門。
: 「ザ・ぼんち」の一時解散後、おさむ同様俳優業に挑むも、収入が月7万円に落ち込むなど、家族4人で生活できないほど困窮し、自殺を考えるほど追い詰められたが、テレビ番組で共演した亀山房代とともに1989年、「里見まさと・亀山房代」を結成、若手扱いから再出発し、1997年に第26回上方お笑い大賞金賞、1998年に上方漫才大賞を受賞するに至った。亀山の結婚・妊娠により、2001年末に「まさと・亀山」は円満解散した。
: 最近はピンでの落語や講談にも力をいれており、とくに講談は3代目旭堂小南陵(後の4代目旭堂南陵)の勉強会に参加し10席ほど稽古を付けてもらっている。講談師としての芸名は「旭堂 南総里見八犬伝」。

コンビ略歴
おさむとまさとは大阪の興國高校の同級生であった。ともにタイヘイトリオに師事(レツゴー三匹の弟弟子にあたる)。1972年11月。

そのかたわら、ぼんちは毎日放送テレビ『ヤングお
「ザ・ぼんち」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月11日(土) 19:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 吉本新喜劇&バラエティーショーin名古屋

    期待していたほど面白くなかった。全てにおいて台詞が聞きにくく、何を言っているのかわから無っかった。音響の設置に問題があったのかな?。また、吉本の公演にしては会場が大きすぎるのではないか。新喜劇の題目は、内容がテレビでやっている物と同じで、新鮮みに欠けている。テレビの放映内容も、いつも同じストーリーでぼつぼつ考える時期に来ているのではないか。

    ハナパパ
  • よしもとお笑いライブ「よしもとがまたまたまたまた阿南にやって来るよ!」

    ダンス、生で見れて良かった‼会場が狭いので、まん中あたりの席でしたが、すごく近くで見れました。公演はすごく良かったのですが、会場の案内など、何一つなく、警備員も働けって感じでした。

    らぶー
  • 吉本新喜劇 in くまもと 2016

    今回で3年目です。とにかく笑いっぱなしの時間でした。 安井さんのお父様のお友達の方を存じ上げているので、特に応援しております。 ロザンのお二人もとっても人気があり、お隣の女性はもう興奮されていました。 ザ・ぼんちは、私たちの時代の方です。昔と変わらない勢いが本当に面白かったです。 新喜劇は、もう文句なし!!珠代ちゃん可愛い!! 座長のすっちーさん!本当に面白かった!!これからも頑張ってください!!!! いつも2階の席しかとれませんが、私ども家族にとって、一年に一度の楽しみです。 これからも是非、熊本へおいで下さい。

    kouharu
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ザ・ぼんち のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み