ダンカン /タレント のチケット情報

お気に入り登録する
ダンカン(1959年1月3日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家。たけし軍団の一員。本名、飯塚 実(いいづか みのる)。

埼玉県入間郡毛呂山町出身。オフィス北野所属。埼玉県立越生高等学校卒業。

人物
元は落語立川流の落語家で立川談かんという芸名を名乗っていた。立川志の輔の兄弟子にあたる。たけし軍団入りした当時の軍団内での芸名はふんころがしであった。

また、大の阪神タイガースファンとしても知られており、第二子となる長男に「甲子園」、第三子となる次男には松村邦洋の助言により「虎太郎(とらたろう)」と命名したほどである。後にNHKのEテレ『趣味Do楽』において虎太郎と共演している。家族は他にも第一子となる長女と、2014年6月22日に乳癌で逝去した妻(一般人・満47歳没)の5人家族であった。通夜、告別式には軍団員の多くが参列したが、師匠のたけしは、仕事の都合で参列できなかった。また、2014年2月には母親も亡くしている。

酒癖が悪く、酒を飲むとたけし軍団セピアの大阪百万円、サード長嶋、誰なんだ吉武などの後輩に理不尽に殴るなどの暴力を振るっていた。また、阪神タイガースが負けると、同様に暴力を振るうこともあった。このエピソードは番組内で暴露され、その際には、後輩軍団員から、雨嵐の如く、批判を浴びた。

放送作家としての活動も長く、スポーツ新聞などへの執筆活動も長年続けている(サンケイスポーツのタイガースコラムなど)。また、その類稀なキャラクターにより北野武作品の常連として重用され、トリッキーな役での存在感が光る。自身も監督として作品を制作している。

2018年5月18日から自身が所属するオフィス北野の取締役に就任。

ダンカン馬鹿野郎
* 「ダンカンこの野郎」と表現される時もある。元々は師匠ビートたけしがラジオ番組放送中、同席する軍団の弟子を呼ぶついでに、何かとつけて、「馬鹿野郎」もしくは、「この野郎」とつけてダメ出ししていたものだが、それをリスナーだった松村邦洋が後年たけしの物真似をする際に「ダンカン〜」という決め台詞を使った(同様のレパートリーに高田文夫を表す「タケちゃん、バウ!」がある)。これが“コマネチ”のギャグと共に物真似として定着した。元々はたけしの師匠である深見千三郎の口癖で、たけしも同様に、深見から何かとつけて、「馬鹿野郎」もしく
「ダンカン_(お笑い芸人)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月01日(木) 13:54UTC
公式サイト
公演レビュー
  • CBGKシブゲキ!!『実験落語neo~シブヤ炎上~』

    今回は実験落語に清水宏がでるというので、チケットをとりました、よくラジオで清水宏の話が好きなので聞いてましたが、顔は分からずだった為に入場時にジャージを来た関係者風の係員入り口を促されました、その係員が開演と同時に登場したので、かなりのインパクトでした、場内は狭くはないのですが客入りが少なく残念でした、出演者が話題の人気者とは一寸異なった、むしろくせ者的なところで完全に趣味の世界の感じでした。 こちらの都合で中入りで退場しましたが円丈師匠の落語が観れなかったのが非常に残念でしたが、十分堪能しました。

    としま
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ダンカン のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み