鈴木蘭々(スズキランラン) のチケット情報

お気に入り登録する
鈴木 蘭々(すずき らんらん、1975年8月4日 - )は、日本のタレント・女優・歌手。リエゾンポイント所属。

経歴
東京都練馬区生まれ。東京都立代々木高等学校から堀越高等学校に編入し、同校を卒業。

中学1年生の時に原宿でスカウトされ芸能界入り。1989年、本名の鈴木智子として資生堂・エクボのCFでデビュー。同年、第1回ミスチャンピオン・準グランプリ(グランプリは宮内知美)にも選ばれる。デビュー当時は長髪で、CMや表紙モデルなどで活躍。

1993年(平成5年)頃からドラマ・バラエティ番組などに出演し、フジテレビ系『ダウンタウンのごっつええ感じ』内のコント「改造人間カスタムひかる」では、松本人志扮する「若松ひかる」の妹・きらり役を演じた。1994年(平成6年)よりフジテレビ系子供番組『ポンキッキーズ』に安室奈美恵とのコンビ「シスターラビッツ」として出演し、一躍注目を集める。番組へは当時出演の高泉淳子演じる「山田のぼる」が好きで、事務所の社長に「出たい!」と直談判してオーディションを受け、合格したという。その後はいわゆるバラエティーアイドルとして活躍し、ボーイッシュなショートヘアと明るいキャラクターで人気を博す。

1995年(平成7年)8月に筒美京平作曲のシングル「泣かないぞェ」で歌手デビュー。
1997年(平成9年)には『木曜の怪談・魔法じかけのフウ』で連続ドラマ初主演を果たした。

1998年(平成10年)、23歳の時にニューヨークに留学。「自分の中で出し尽くした感があって、自分を変えたい」と思って留学したが、「マドンナに会いたい」という思いもあったという。この頃は長髪や金髪にしていた時期もある。

2000年(平成12年)頃からは舞台やドラマ出演などを中心に活動している。『キレイ〜神様と待ち合わせした女〜』では酒井若菜、『ジキル&ハイド』では知念里奈、『ベントラー・ベントラー・ベントラー』では平山あやの代役で主演級で出演しており、演劇界では「代打女優」と言われている。

2013年(平成25年)に芸能生活25周年を迎え、12月にDDD青山クロスシアターにて記念ライブを開催した。

2018年(平成30年)に芸能生活30周年を迎え、11月7日及び8日に渋谷のJZ Bratで記念ライブを開催する予定。

出演
テレビドラマ
* GHOST SOUP(1992年
「鈴木蘭々」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月04日(日) 05:54UTC
公演レビュー
  • 「もっと泣いてよフラッパー」

    3時間の公演時間は、私には長すぎました。 途中15分の休憩をはさんで、前半は話の内容が錯綜して なにがなんだかさっぱり理解できずに終わって、 後半になってやっといろんな話がつながって少し楽しめました。 話の展開、舞台の展開が速すぎてついていけないところもあり、 要所要所に出てくる仮面のナビの方の声の通りが悪く、 聞きづらくて、しかも冒頭からの登場でしたので、 これで一気に期待感はふっとんでしまい、残念でした。 劇中歌は、みなさんさすがにお上手で、 松たか子さん、石丸幹二さんの歌は、特に素晴らしかったです。 ダンスや衣装も素敵で、舞台セットも斬新でおしゃれでした。 今回の公演は、禁酒法時代のシカゴが舞台で、 華やかで少し退廃的な香りがする雰囲気はよく出ていました。 お金も時間もしっかりかけて作り込まれた感じはすごくありましたので、 観終わって損した気分にはならなかったです。

    ikuyo
  • 「もっと泣いてよフラッパー」

    終演するまでグっと入り込む瞬間を見つけられずに終わってしまったような感じでしたがこれは個人的な演出の好みの問題かなぁ。 総じて不思議ワールド炸裂なところがちょっと肌に合わなかったです。 出演者や生バンドが舞台で演奏しながら進んでいく形式はとても楽しかった。その割に歌が上手な出演者が少なくちょっぴり残念。 松さんはいつも通りの安定感。松尾スズキ面白い!会場も松尾さんファンが多かった気がします。 衣装は(特に女性の)とても煌びやかで綺麗で見ていてワクワクしました。 リバイバル作品とのことなのでかつての上演作を知っていればまた違う楽しみ方ができたのかも?

    umi
  • 障子の国のティンカーベル

    野田の一人芝居。若いころの一気書きというが、才気溢れる芝居である。今回はコンプリシテの演出家がヨーロッパテイストの舞台に纏め上げた。演じるのが二組になっているのも異色。奥村佳恵の舞台を見たが新鮮でかつ迫力のある度胸のいい舞台であった。まるで、吉田日出子が出てきた時のような。背筋がぴんとしていて動きがすっきり纏まっている。最近小劇場の「これがリアルだ!」と言う行儀の悪い役者を見ていると、それはそれで面白いのだが、演劇的な感興には及ばない。奥村には次の舞台を見てみたいと思わせる魅力がある。野田が選んだくらいだから旨く育てて欲しい。

    麻田
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

鈴木蘭々 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み