志村けん(シムラケン) のチケット情報

お気に入り登録する
志村 けん(しむら けん、1950年〈昭和25年〉2月20日 - )は、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。旧芸名および中国語での表記及び72年までの旧称は志村健。本名は志村 康徳(しむら やすのり)。

来歴
1950年、小学校教諭であった父・憲司(けんじ)と母・和子の三男(長男は知之、次男は美佐男)として東京都北多摩郡東村山町(現:東村山市)に生まれる。二人の兄たちが大学を卒業して公務員になった中、末っ子の彼だけが後述の通り全く異なる人生を歩むこととなった。なお、芸名の「けん」は父親の名前から取ったものである。

父親の憲司は厳格な人物で、彼の支配する家庭はいつも重苦しい雰囲気に包まれていたが、当時はまだ珍しかったテレビのお笑い番組で漫才や落語を観ていた時だけは、嫌な日常を忘れることが出来た。志村は、「その時だけは父も声を出して笑っていた」と語り、そのような体験から、お笑い芸人の世界に憧れを抱くようになり、中学生の頃から本格的にお笑いを仕事とすることを決心したという。志村が中学生だった頃の父・憲司は、校長への昇進を目指して勉強に励む毎日を送っており、「つまらない人生だな」と思っていたという。

東村山第二中学校時代は文化祭でよくコントを披露していたといい、所ジョージ(隣市・埼玉県所沢市出身)の遠戚とバンドを組んだこともあった。その後、両親の方針で「お金がかからない都立に行け」との理由から、新設された東京都立久留米高等学校に進学し、同高の第1期生となる。志村の中学校から同高を受験したのは志村を含めて13人で、教師からは「志村は無理だろう」と言われたが、合格したのは志村1人だけであった。同高ではサッカー部に所属し、GKとして在籍した。

付き人から芸能界デビューを経てドリフ入り
1968年2月、高校卒業間際にいかりや長介の家へ直接押しかけ、弟子入りを志願する。由利徹やコント55号とザ・ドリフターズ(以下ドリフ)のいずれに弟子入りするか迷ったが、音楽性の面からドリフを選んだ。雪の降る中、いかりやの帰宅を12時間ほど待ち続けるも、門前払い同然の扱いで、容赦なく突き放されたが、それでも食い下がったため根性を買われ、「バンドボーイ」が辞めてメンバーに欠員が出たらという条件で仮採用された。いかりやは後に「帰宅すると勝手に
「志村けん」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月21日(金) 07:29UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

志村けん のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み