なるせゆうせい(ナルセユウセイ) のチケット情報

お気に入り登録する
なるせ ゆうせい(1977年 - )は、日本の脚本家、演出家、漫画原作者、劇作家。岐阜県出身。オフィスインベーダー代表、劇団インベーダーじじい主宰、シナリオ作家協会委員会。2008年よりキティ・フィルム所属。2009年より独立し、株式会社オフィスインベーダーを設立。舞台・映像の企画製作を行い、自身も作家&演出家として入る。

略歴
早稲田大学社会科学部中退。1997年トムプロジェクト脚本新人賞受賞。パルテノン多摩フェスティバル審査員特別賞受賞。

作品
映画脚本
*『ジュウブンノキュウ』(2006年)
*『ユリシス』(2006年)
*『いつかの君へ』(2006年)
*『あ、この家にはトイレがない!』(2006年)
*『アクエリアンエイジ』(2008年)
*『愛流通センター』(2008年)
*『特命女子アナ』(2009年)
*『バカ裁判』(2009年)
*『東京無印女子物語』(2012年)
*『ふみだい食堂』(2013年公開)
*『不毛会議』(2013年公開)
*『ソフテン!』(2014年公開)
*『フェアトレードボーイ 1・2』(2013年 - 2014年公開)
*『マスタード・チョコレート』(2017年公開)

舞台 脚本・演出
*劇団インベーダーじじい全公演脚本演出
*世田谷文学館主催 舞台「ガラスの仮面」2007年7月7日 - 9月2日
*トムプロジェクト主催 舞台「7のない少女」 トムプロジェクト脚本新人賞受賞作品
*現代制作舎主催 舞台「さよならの穴」
*ゼロプロジェクト主催 舞台「トゥルークリスマス」
*office inveider produce stage #2 舞台版 「ヘルプマン!」脚本・演出(2010年9月15日~9月20日 吉祥寺シアター)
*舞台「劇団vitaminX~Legend Of Vitamin~」演出(2010年9月26日(日)~10月4日(月)全13回公演 前進座劇場)
*office inveider 主催 舞台「明日、君を食べるよ」脚本・演出(2011年6月4日~5日 全4回公演)
*office inveider produce stage 「方舟」脚本・演出(2011年11月9日~11月13日 全8回公演 俳優座)
*舞台「弱虫ペダル」脚本(2012年2月1日~2月6日 全9公演 天王洲銀河劇場)
*舞台「殿といっしょ
「なるせゆうせい」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月07日(水) 06:59UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「ハンサム落語」2ndシーズン

    初めて観ましたが大いに楽しみました。お互いのいじり合いもありますが裏話あるあるという感じでそれも楽しいです。その面白さが現代的なのか。これも落語を知って伝統的なものを知ってそれと新しい舞台文化やジャンルとの合流なんですね! 試行錯誤の心意気を感じます。

    夜の果ての旅
  • 音楽劇 Zip & Candy

    休憩なしで2時間半ほどの舞台でしたが笑いがたくさんあり、大掛かりな舞台セットもなくとも情景が浮かぶ本当にいい音楽劇でした そして涙するせつなさの物語が本当によかったです

    TonnyTomo
  • 音楽劇 Zip & Candy

    本当に貴重な出会いです。展開のスピィーディさ、滑舌のいい、ハツラツとした元気で若い役者陣、久方ぶりのほっしゃん、そして歌!すべてが噛み合った見ごたえある芝居。ラストはおじさんながら、目頭熱くなりました。主役の二人が、イイ(^^)d 自分的には、スマッシュヒットな芝居に大満足です。だから、観劇やめられません!このチームで違った舞台観てみたい!・・・その前に再演希望!!!大満足

    NIYAKE
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

なるせゆうせい のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み