小野武彦(オノタケヒコ) のチケット情報

お気に入り登録する
小野 武彦(おの たけひこ、1942年8月1日 - )は、日本の俳優。旧芸名:黒木 進。本名は同じ。

東京都狛江市出身。六月劇場を経て、シス・カンパニー所属。玉川大学文学部中退。身長173cm、体重74kg。血液型はA型。

来歴・人物
1942年、現在の東京都狛江市に生まれる。

俳優座養成所(15期生)卒業後、文学座に入団。1960年代後半から主に脇役として活動した後、1970年代中盤より『大都会シリーズ』(大内刑事役)や『前略おふくろ様II』(木下明役)などのレギュラー出演で知名度を高める。

1980年代は再び脇役での出演が多くなるが、1990年代以降は『王様のレストラン』『ラヂオの時間』『踊る大捜査線』(袴田健吾役)、『科捜研の女』(榊伊知郎所長役)などの助演で注目される。特に『踊る大捜査線』で共演した北村総一朗と斉藤暁とは「スリーアミーゴス」を名乗り、舞台公演やCM・バラエティーにも多数出演した。斉藤とは『科捜研の女』でも所長と研究員として7年間共演した。

名門・俳優座及び文学座で学び、長きにわたりさまざまな役を演じてきただけに、演劇界から「大ベテラン」と認められる存在である。後輩(特に新人)役者と共演した際には、ドラマの本読み(読み合わせ)の時点で「こいつはダメだな(=大成しない、役者としては短命であろう、など)」と直感し、ほとんどの場合は予想通りだったと『チューボーですよ!』にゲスト出演した際には堺正章に語った(「今だから言えるけどね」とも)。

旧芸名である「黒木進」時代は、所属事務所の先輩俳優である黒部進とたびたび混同され、出演料が誤って入金されたこともあったという。

地井武男と村井国夫に振られて平泉成のモノマネをした際には、公の場で披露している末吉くんに劣らぬほどの技量を見せた(フジテレビ放送番組『ボクらの時代』11月9日放送分での3人の対談より)。

2010年4月、活動屋からシス・カンパニーに移籍した。

親族
戦前に読売新聞文芸部長を務め、演芸記者から小唄作家・小説家になった小野金次郎は祖父。武彦によれば金次郎は「チャールズ・チャップリンが1932年に初来日した時に通訳を務めた人物」であった。武彦の自宅には祖父が残したチャップリンのサイン入り写真が飾られていることを明らかにしている。妻と娘が2人おり、妻は薬剤師で長女は産婦人科医であ
「小野武彦」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年09月01日(日) 06:54UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「近松心中物語」

    忠兵衛が、梅川にどんどんはまり込んで転落する悲しさ苦しみに共感できました。でも梅川が、遊女でありながら忠兵衛と心中するまで好きになったのか今ひとつと感じました。遊女ならば、身請けしたもらう旦那を、仮に好きでなくともいい条件と思います。一方忠兵衛が、身請けできるだけの経済力があるかどうかは、遊女ならば薄々は気づいていると思います。 それでも先には地獄が待っていても、忠兵衛を好きになっていく梅川の心情の描写がもっとあっても良かったと思います。もっと説得力があっても良かったと思います。宮沢りえさんに、もう少し心の吐露する台詞や演出があってもと思いました。ビジュアルだけ求められているようで少し可哀想に思いました。 場面の美しさ、各役者の凄みは十分に感じられました。

    phd35818
  • 「近松心中物語」

    舞台美術、役者、音楽、すべて豪華で、演出もとても考えられていた。但し、一番端の席だったため、奥のほうの場面が大変見づらく、そのあたりを考慮してほしかった。また、人物の年齢設定と、役者の年齢がかけ離れすぎていて、少し感情移入しづらかった。

    そうむ
  • 「近松心中物語」

    役者さんそれぞれが素晴らしく、見応えがありました。 二組のカップルの愛と情の深さに、時には笑い、時には涙しながら、グイグイ話に引き込まれました。 観劇できて良かったです。

    dambo
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

小野武彦 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み