東京セレソンデラックス(トウキョウセレソンデラックス) のチケット情報

お気に入り登録する
東京セレソンデラックス (とうきょうセレソンデラックス)は、俳優、脚本家の宅間孝行(サタケミキオ)が主宰した日本の劇団である。通称「東京セレソンDX」。

1997年に「東京セレソン」として旗揚げし、2012年12月31日をもって解散したが、その後も上演作品が映像化されている。

沿革
1997年に宅間孝行と旗揚げメンバーの武田秀臣を中心に前身である「東京セレソン」を旗揚げ。主として脚本家の長田敏靖が脚本を、映画監督の伊藤秀裕が演出を担当し、各公演にワークショップオーディションを行いキャストを選抜する形で公演を行う。

2000年7月の第8回公演『律儀な君の照れ笑いは夕闇にすすけてたし〜その上僕の顔は多分涙でゆがんでたはず』で萬スタジオBACKUPシリーズグランプリを受賞。

2001年に「東京セレソンデラックス」に改称、宅間がサタケミキオ名義にて作・演出を担当する。

2006年8月、劇団の運営・芸能マネジメント業務を行う株式会社オフィスセレソンを設立。宅間が代表取締役に就任。

2007年春には『あいあい傘』で初の大阪公演。同年夏の『歌姫』(再演)で8,500人、翌2008年夏の『夕』(再々演)では12,600人を動員する。

一方で、2006年10月期にはテレビ大阪開局25周年記念番組として連続ドラマ『魁!セレソンDX』が放送、2007年10月期には『歌姫』がTBSテレビにてサタケ脚本、長瀬智也主演によりドラマ化。

2012年1月5日、2012年10月 - 12月に上演の本公演を以って解散することを発表。最終公演『笑う巨塔』(『HUNGRY』改題)をもって2012年12月31付で解散。

解散時メンバー
* 宅間孝行(サタケミキオ) - 主宰
* 永田恵悟
* 越村友一
* 須加尾由二
* 伊藤高史(2010年1月1日より加入)

元メンバー
* 武田秀臣
* 阿南敦子
* 宮前利成
* 砂塚舞
* 藤田京子
* 野口小百合
* 西村清孝
* 飯島ぼぼぼ
* 竹森りさ
* 吉成浩一
* 松永亜樹
* 高橋亜里沙
* 杉田吉平
* 丸山麗

公演
「東京セレソン」としての公演
* 今夜だけ、キャバレーで(1997年12月、銀座小劇場)
* アルトマンを探して(1998年6月、銀座小劇場、作:長田敏晴、演出:伊藤秀裕)
* ゼロ番区からのラブレター(1998年1
「東京セレソンデラックス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年12月28日(金) 22:13UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 東京セレソンデラックス「笑う巨塔」

    名古屋の名鉄ホールで、演劇「笑う巨塔」を見てきました。 東京セレソンデラックスの解散公演だそうですね。 劇団の名前と、宅間孝行だけは知ってた私です。 宅間孝行って言ったら、朝ドラ「つばさ」で「イモ!イモ!」って言ってた人ですね。 出演陣の、芦名星、斎藤工、デビット伊東、金田明夫、松本明子、石井愃一、藤吉久美子などなどは皆、東京セレソンデラックスの劇団員ではないですね。 「笑う巨塔」公式HPによりますと、 ぜひとも東京セレソンデラックスの芝居に出たいといって集まった人々だということみたいです。 見たあとでそういう話を聞くと、納得もできるんですけど。 とにかく面白かった! 複数の勘違いが積み重なって、終盤までドタバタしていく展開とか。 吉本新喜劇が、もっと洗練されて大人風味になった感じかな。 宅間孝行と金田明夫のアドリブは、コント55号みたいでした。 芦名星のはっちゃけぶりは、最初は誰だか分からないくらいだった。 「笑う巨塔」とは、上手いことタイトルを付けたもんです。 本当に、大爆笑。 これで解散とは、残念。 まー、主宰の宅間さんは、また新しいこと始めたら名古屋にも来ると言ってましたけど。 あと、印象的なのは、踊りだね。 演者が踊るだけなら、まーそういう劇団も多々あるけど。 客も立たせて全員で踊るなんてのは、聞いたこと無い。 シナリオ的にも、客を飽きさせない工夫をたくさんしていましたね。 宅間さんは、そこを最重要視している人のような印象を受けました。 DVDも出るらしいんで、見てない人は是非どうぞ。 演劇はマニアックだって先入観を持ってる人も、そのイメージが変わる作品の一つが、この「笑う巨塔」かなぁと思います。

    御城葡萄
  • 東京セレソンデラックス

    久しぶりに、おなかを抱えて相当笑いました! 前回の「笑いのまち」に引き続き、期待通り、本当に面白かったです! 勘違いやすれ違いからくる、ちぐはぐなやり取り、宅間さんの抜群のアドリブ、どれもが楽しかったです。共演者が笑いをこらえているのを見ると、余計に笑いを誘われます。最後にはちゃんとすべての誤解が解けるのも、見終わった後ですっきり、爽快感が残ります。 同じ「親方」と呼ばれる人でも、色んな立場や職業の人がいるというところの着眼点、宅間さんは天才的だな、と思いました。 出演者も豪華で良かったですが、演出も素晴らしい。絶妙のタイミングで閉まったり開いたりするエレベーター、息ピッタリのセリフの数々や、絶妙のタイミングで現れる出演者に、感心しきり。稽古の苦労が伺えます。 また特に、宅間さんと金田さんとのやりとりが最高! 「かたつむり」の話しといい、車椅子におもいっきりお尻をぶつけたときといい・・・!(大丈夫だったでしょうか?!) これで解散だなんて、本当に残念で寂しいです。ぜひまた再演していただきたいと願います。

    とんとん
  • 東京セレソンデラックス

    最高に楽しい時間でした。解散公演ですが、復活を希望します。もっと、ほかの劇団の舞台も観たくなりました。

    ひみ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

東京セレソンデラックス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み