が~まるちょば(ガーマルチョバ, GAMARJOBAT) のチケット情報

お気に入り登録する
が~まるちょば
が〜まるちょば((省略)、(省略))は、日本のサイレントコメディー・デュオ。

概要
自らの芸を「サイレントコメディー」と呼び、言葉を一切用いないパントマイムを主体とした芸をする。2004年エディンバラ・フェスティバル・フリンジ ダブルアクトアワード、2005年エディンバラ・フェスティバル・フリンジ タップウォーターアワード、2006年ブライトン・フェスティバル・フリンジ ベストインターナショナルアクトアワード、2007年ブライトン・フェスティバル・フリンジ アーガスエンジェルアワードを受賞。

左胸にBBCの小中学生向け国民的バラエティー番組『ブルーピーター(Blue Peter)』のバッジを付けている。このバッジを持っている者は現地イギリス人でも限られている。

「が〜まるちょば」とは、ジョージア語で「こんにちは」((省略)、(省略))の意味。

2010年からは、「が〜まるちょばプロジェクト」が始動し、多人数での作品づくりも行ってきたが、2014年に「ザ・が〜まるちょばカンパニー」の6人組ユニットを結成した。

2017年2月28日付で、所属していたブレインズアンドハーツから他の所属タレント共々契約解除され(ブレインズアンドハーツは同日に事業停止、同年3月29日に破産手続開始決定)、同年3月28日によしもとクリエイティブ・エージェンシー所属となることが発表された。

2019年2月9日、同年3月末日をもってケッチ!が脱退することを発表した。脱退後はHIRO-PONのみで「が~まるちょば」として活動を続ける予定。

メンバー
本名・生年月日は両者共に非公開である。
; ケッチ!
:* 静岡県出身。
:* 赤いモヒカンの方。
:
; HIRO-PON (ヒロポン)
:* 埼玉県出身。
:* 黄色いモヒカンの方。
:

出演
; JAPAN TOUR
:* が〜まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2007 (2007年7月11日 - 2008年1月19日)
:* が〜まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2009 (2009年2月11日 - 4月30日)
:* が〜まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2010 (2010年1月27日 - 5月30日)
:* が〜まるちょば サイレントコメディー JAPAN T
「が〜まるちょば」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月09日(土) 07:39UTC
公式サイト
公演レビュー
  • が~まるちょば公演 MIME CRAZY

    一人になった「がーまるちょば」に興味があって観に行きました。劇場は思っていたよりも狭く、どうなるかでしたが、その分流れる汗までよくみえて従来とは違う感動も味わえました。大笑いして泣いて一人になっても全然大丈夫でした。激しい動きが多いので体力的に大変だと思いますが、これからも頑張って欲しいと思います。次回の公演を楽しみにしています。

    ハハ
  • が~まるちょば公演 MIME CRAZY

    がーまるちょばは、独りになってしまいましたが、かなり工夫して、独りでも上手く行くように、独りならではの演出で、見応えある内容になっていました。

    ナキオ
  • が~まるちょば公演 MIME CRAZY

    あっという間の時間で、笑いと涙にあふれ、とても楽しめました。 『指輪』はやはりいい作品だなあと思います。 何回観ても、泣けます。。。 「彼」がいなくなってから、独りになってしまった主人公の味気ない毎日の繰り返し、 スローモーションでの表現は、その心情がずっしりと伝わってきました。 ただ、作品のほとんどが、HIRO-PONソロ公演の作品だったような気が…(笑) ”が~まるちょば”の名前を残し、それでこれからやっていくのであれば、 全作「新作」くらいの意気込みが欲しかったなあ、と思ってしまいました。 新生が~まるちょばが観たかったのに、 これは、HIRO-PONのソロ公演と何が違うのかなあ?って。。。 時間がなかったのでしょうか?(笑) 次回は、ぜひとも「新作」を観たいです。

    るんるん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

が~まるちょば のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み