津村知与支(ツムラノリヨシ) のチケット情報

お気に入り登録する
津村 知与支(つむら のりよし、1975年7月13日 - )は日本の俳優。北海道出身。劇団モダンスイマーズ所属。北海道室蘭栄高等学校理数科在学中に、学校祭の演劇コンテストで同級生の三浦大輔(現ポツドール代表)と舞台劇を開催し、主演男優賞を受賞する。舞台芸術学院に進学し、西條義将、蓬莱竜太、古山憲太郎に出会う。同級生の西條、蓬莱が1999年に旗揚げしたモダンスイマーズに第一回公演から参加。2003年に劇団員となる。元同級生に二人の岸田國士戯曲賞受賞者(蓬莱、三浦)を持つという、異色の経歴を持つ。

出演
舞台
; 1999年
* モダンスイマーズ旗揚げ公演「モダンスイマー」(作・演出:蓬莱竜太)
; 2002年
* モダンスマーズ「デンキ島」(作・演出:蓬莱竜太)
; 2003年
* モダンスイマーズ「由希」(作・演出:蓬莱竜太)
; 2004年
* モダンスイマーズ「五十嵐伝〜五十嵐ハ燃エテイルカ〜」(作・演出:蓬莱竜太)
; 2005年
* モダンスイマーズ「デンキ島〜松田リカ編〜」(作・演出:蓬莱竜太)
* ONE OR 8「ゼブラ」(作・演出:田村孝裕)
; 2006年
* モダンスイマーズ「赤木五兄弟」(作・演出:蓬莱竜太)
* 扉座「ユタカの月」(作:蓬莱竜太 / 演出:茅野イサム)
* 椿組野外劇「GS近松商店」(作・演出:鄭義信)
; 2007年
* 劇団 方南ぐみ「あたっくNO.1」(作・演出:樫田正剛)
* イキウメ「狂想のユニオン」(作・演出:前川知大)
* 「東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜」(脚本:蓬莱竜太 / 演出:G2)
* 「ある日、僕らは夢の中で出会う」(作:高橋いさを、演出:堤康之)
; 2008年
* モダンスイマーズ「夜光ホテル」(作・演出:蓬莱竜太)
* 青山円劇カウンシル「ウラノス」(作:前川知大 / 演出:青木豪)
* モダンスイマーズ「夜光ホテル〜スイートルームバージョン〜」(精華小劇場、作・演出:蓬莱竜太)
; 2009年
* モダンスイマーズ「夜光ホテル〜スイートルームバージョン〜」(NHKみんなの広場ふれあいホール、作・演出:蓬莱竜太)
* モダンスイマーズ「トワイライツ」(吉祥寺シアター、西鉄ホール、鎌倉芸術館、作・演出:蓬莱竜太)
* モダンスイマーズ「血縁〜飛んで火に入る五兄弟〜」(赤坂レッドシ
「津村知与支」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月14日(日) 05:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • モダンスイマーズ結成20周年記念公演「ビューティフルワールド」

    衝撃でした。わたしの人生の中で出会ったことのない演劇でした。 1幕はひたすらどの人物にも感情移入できなくて、見ていて不安で滑稽でイライラして言葉のトゲが痛くて、だけど的になっている主人公を擁護できなくて、とても不安定な気持ちで涙がこぼれました。 だけど休憩を挟んだ2幕では怒濤の展開に観ている側も巻き込まれ、大泣きしながら大笑い、あんなに奇妙な感情になったのは生まれてはじめてです。 人間なんてみんな弱くて浅はかなのに、嘘ついて自分のこと棚に上げて弱者(と思い込んでいる人)には強気に当たって生きているけれど、傷つけて、傷ついて、一気に玉砕。 すべてが繋がっていて、圧倒されました。 あのときはじめて、夏彦には逃げたから見えた世界もあったんだろうなと思いました。 戯曲を拝読してから観劇しましたが、文字で読むのとはいい意味で全く違う印象でした。とても良かったです。 きっと、もっと人生経験があれば深く刺さるのだろうというシーンやセリフがたくさんありました。それくらいリアルを感じました。 観劇後にすぐ曲名を調べて挿入曲を購入しました。私は20代で世代ではなく、あまり聴き馴染みがなかったのですが、改めて歌詞を読みながら聴いてまた涙が出ました。 年を重ねながら観てみたいと心から思いました。モダンスイマーズさん、必ずまた観ます。

    もいもい
  • モダンスイマーズ結成20周年記念公演「ビューティフルワールド」

    モダンスイマーズ「ビューティフルワールド」観る。 モダン20周年記念公演。とはいえお祭り的なあれは一切なく、パンフレットも作らない。そんなところ、この劇団らしい。 40過ぎて引きこもりの夏彦。実家が火事になり、やむなく親戚の家の離れに居候。そこから変化していく夏彦と居候先の家族・使用人たちの物語。夏彦と彼と関わる人たちの心象風景を丁寧に描いた一幕と、2時間の芝居なのにあえてここで休憩を入れて全く違う位相で家族のぶつかり合いを描く二幕という構成が実に巧み。ああ、引きこもろうが不倫しようが人間て求めてやまないものがあるんだ、不器用だけど聞いてほしいことがあるんだ、ということを誠実に描き、修羅場なのに笑いが絶えない、とにかく絶妙な脚本と演出。蓬莱竜太の技、圧巻。 役者全員が持ち味を存分に発揮しているのが劇団ならでは。夏彦の津村知与支が場を得てもう抜群。客演菅原大吉と吉岡あきこ、共感を呼ぶ役作りで実に魅力的。「不器用ですから」が口癖の従業員、高倉健太(笑)役の西條義将、ラスト近くあっと驚く見せ場あり、会場全体が息を飲みます。今回古山さんが津村さんの弟役という見ものな設定だけど出番少なめでちょっと物足りず。笑いながら途中から涙止まらず。GOGOモダンスイマーズ、という気持ち。客席の年齢層が適度に広く、男女ほぼ半々、この劇団の魅力、じわじわ浸透してるのね。

    ちま
  • ビューティフルワールド(モダンスイマーズ結成20周年記念公演)

    テーマは「純愛」で、タイトルは『ビューティフルワールド』。 なんてベタなんだろうと思いましたが(笑)、やはり蓬莱竜太さん、ありふれたラブストーリーになるわけもなく……。 40を過ぎて引きこもっている夏彦(津村知与支さん)。 ある日、実家が火事になり、銚子にある親戚の家(カフェを経営)の離れへ引っ越すことになります。 そこで、夫(菅原大吉さん)や娘(生越千晴さん)から邪険に扱われている依子(吉岡あきこさん)に出会い……。 前半は、夏彦と依子の視点で物語が進みます。 虐げられた者同士が想いを寄せ合うまでは、二人の苦しい心情が描かれ、観ているこちらも胸が詰まる場面も。 でも、そのまま単純に話は運びません。 引きこもり、いじめ、モラハラ、不倫など、様々な要素が絡み合って、それまでの主従関係が逆転したり……。 登場人物の誰かにどっぷりと共感することはできませんでしたが、逆に、誰にでも少しずつ共感できるところもあって、「ああ何かわかる」とか「そんな言い方しなくても」とか「そりゃそう思うわな」とか、時々、自分と照らし合わせて、いたたまれなくなることもありました。 菅原大吉さんのモラハラっぷりもかなりのものでしたが、吉岡あきこさんの本当に普通の主婦感が、とてもハマっていて、だからこそリアルに感情移入することができたと思います。 ただ、息苦しい場面だけではなく、かなり笑えるシーンも。 終盤、不器用な男・ケンさん(西條義将さん)の思わぬ本性に爆笑でした。 諸手をあげてハッピーエンドというわけではなかったですが(特に依子一家にとっては)、決して重くない終わり方で少し救われました。 ※ 序盤に「エヴァンゲリオン」ネタがありましたが、知らない人には全くわからないかもしれません。 ちなみに「エーティーフィールド(ATフィールド)」というのは、いわゆる「バリア」みたいなもので、アニメでは「ATフィールド全開!」といった使われ方をします。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

津村知与支 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み