井上喜久子(イノウエキクコ) のチケット情報

お気に入り登録する
井上 喜久子(いのうえ きくこ、1964年9月25日 - )は、日本の女性声優、歌手、ナレーターである。

本名:熊谷 喜久子(くまがい きくこ、旧姓:井之上)。身長164cm。特技:華道(池坊師範)。資格・免許:中学国語教員免許・図書館司書教諭免許。所属事務所はオフィスアネモネおよびベルベットオフィス(ナレーション部門のみ)。血液型はO型。(省略)長女は声優の井上ほの花。

経歴
(省略)
;1988年
:声優として初めてテレビアニメ『ハーイあっこです』女学生2役とOVA『あいうえおアニメ 世界名作童話全集』えいごのおねえさん役を演じる。
;1994年
:声優グランプリ創刊号の表紙を國府田マリ子とともに飾る。
;1995年
:岩男潤子と声優ユニット「おさかなペンギン」を結成。
;1996年
:5月に高校時代の同級生と結婚。
;1998年
:2月に長女・井上ほの花を出産。長女はラジオ等で「ほっちゃん」と呼ばれる。
;1999年
:10月1日から、それまで所属していた江崎プロダクション(現:マウスプロモーション)を離れフリーになる。後に実姉と共に個人事務所オフィスアネモネを設立。
;2003年
:1月から、ナレーション部門のみベルベットオフィスに所属。
;2007年
:まるたまり、ピアニストの小笠原純子と共にユニット「ワイルドストロベリー」を結成。アニメソングを大胆にアレンジした音楽活動を行っている。
;2010年
:3月6日第4回声優アワードにて、助演女優賞を受賞。
;2016年
:2月16日第10回声優アワードにて、高橋和枝賞を受賞。

人物・特色
もともと文学少女で、三島由紀夫や太宰治を好んで読んでいた。教員となるために、短期大学で中学校の教員免許(国語)を取得したが、教育実習先の中学校で、生徒に見くびられ放題だった事に愕然として、教師になることを挫折する。

就職活動中であっただけに友人たちが仕事が決まる中で自分は挫折したことから将来に悩んでいたが、その時期に『アタックNo.1』の再放送を見て、その放送回が非常に感動できるエピソードであり、大人の自分をこんなに感動させたことに感銘を受け、声優を志す。

1989年に放送を開始した『らんま1/2』の天道かすみ役でブレイク(これがきっかけで、「永遠の17歳」のキャッチコピーが定着することになる)。デビューしてから数
「井上喜久子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月31日(水) 12:29UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 方南ぐみ企画公演 朗読劇「青空」

    声優さんたちの演技に引き込まれ、休憩がなかったのにも気づきませんでした(^-^; ところどころ笑いもあり、可愛い動物の会話、緊迫する情勢、声だけでこんなにもドラマが広がるのかと感動しました。

    あいこ0913
  • 水島裕プロデュース vol.5 「笑う朗読」

    ギネス級レジェンド声優:野沢雅子さんを筆頭に、これぞプロの声優の朗読劇!! と、いう感じで、その場にいられただけで幸せでした!! 千秋楽らしく、アフタートークも、大サービスで!!

    まるぴ
  • 声優口演SPECIAL 人気声優で甦るサイレント・ムービー

    声優萌かと思いきや、斬新な内容だったと思います。 長年、お芝居、舞台を観ている私としては、構成、演出も新鮮でした。このようなジャンルがもっとあってもいいぐらい。 観客も年齢層の幅の広いこと。無声映画、昔の映画を楽しみに来られていた方もいたのではと思います。また、ポカスカジャンの生演奏が場面場面に合っていてとても気持ちよかったです。なぜが歌舞伎を連想してしまいました。なんでしょうね。不思議な感覚に捕らわれました。 声優さんたちの掛け合いもテンポよく、無声映画の古さを感じさせない新しいものでした。 もちろん、生「エイドリアーン」と生「クリリーン」を聴けたのは眼福ならぬ耳福でした。

    YASUMARO
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

井上喜久子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み