村上龍(ムラカミリュウ) のチケット情報

お気に入り登録する
村上 龍(むらかみ りゅう、1952年2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。血液型はO型。

長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。

自身の小説を元に映画製作も行なう。1999年より、日本の金融・政治経済関連の問題を考えるメールマガジン『JMM』を主宰、以後、暗部に潜む政治経済関連の問題など時事報道に対してコメントするなど、文壇以外の世界にも積極的に関わっている。

来歴
長崎県佐世保市に生まれる。本名は村上龍之助で、これは中里介山の小説『大菩薩峠』の主人公「机竜之助」にちなんだもの。父は美術教師、母は数学教師であった。佐世保市立御船小学校、佐世保市立光海中学校を経て、1967年長崎県立佐世保北高等学校に入学。翌年、佐世保港にアメリカの原子力空母エンタープライズが入港、この際の反代々木系全学連の入港阻止運動に感動する。

高校在学中はロックバンドを結成し、ドラムを担当、その後解散し、ラグビー部の過酷な練習のためから退部をして新聞部へ移る。3年生の夏、高校の屋上を仲間と共にバリケード封鎖し、無期謹慎処分となる。3ヶ月に及ぶ謹慎期間中、ヒッピー文化に出会い大きな影響を受けた。1971年佐世保北高校を卒業、それに前後して再びロックバンドを結成し、文化会館を借りてロック・フェスティバルを行なった他、8ミリ映画の制作や劇団を作って活動するなどした。この年の春に上京し、現代思潮社の主宰する美学校のシルクスクリーン科に入学するも、半年で退学、同年10月から1972年2月まで、米軍横田基地に近い福生市に住んだ。1972年、武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン科入学。この頃より、福生での体験を元に小説を書き始める。

1976年、基地の町で麻薬と乱交に明け暮れる若者の姿を描いた『限りなく透明に近いブルー』で第19回群像新人文学賞を受賞、同年第75回芥川龍之介賞を受賞し、
「村上龍」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月26日(水) 04:45UTC
公演レビュー
  • 「コインロッカー・ベイビーズ」

    独特の世界観で、あっという間の2時間だった。 出演者の皆さんも素晴らしかった。 生演奏の迫力がすべてを後押ししていた。

    観劇LOVE
  • 「コインロッカー・ベイビーズ」

    原作のあの量を2時間にまとめられたんだと とっても納得 また感動しました 音楽劇ならではの生バンドも最高‼︎ 役者さんがはけた後でもみんな残って最後まで演奏を聴き 時には手拍子して盛り上がりました。慌てて席を立ったお客さんもロビーから帰って来たりしてました 他にも素晴らしい所満載でキスシーンも盛りだくさんでしたが 会場内では夏美ちゃんかわいいと囁き合うジャニーズファン多数 とっても楽しい時間でした これから地方公演、大阪の千龝楽とチャンスは有るのでたくさんの方に見てもらいたいです 何度見ても心に響くものがあります

    ゆえ
  • 「コインロッカー・ベイビーズ」

    厳しい内容の原作だから、ちょっと暗い気分で帰るのも嫌だなと思っていたが、意外にライトにまとまっていて重ったくは無かった。

    RENOIR
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

村上龍 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み