青山祥子(アオヤマサチコ) のチケット情報

公演レビュー
  • ニンゲン御破算

    ごちゃごちゃというか、わちゃわちゃというか……捉えどころが難しいんですが(笑)、とても面白い舞台でした。 2003年の『ニンゲン御破産』は観ていないですが、確かに、この演目は、勘三郎さん(当時、勘九郎)で観てみたかったと思いました(阿部サダヲさんも良かったですが)。 あらすじは、ちょっとひと言では言えません。 時は幕末、所は江戸。 大の芝居好きの侍・実之介(阿部サダヲさん)が、自作の戯曲を持って、鶴屋南北(松尾スズキさん)と河竹黙阿弥(ノゾエ征爾さん)のもとへやってきます。 芝居の内容を話し始める実之介に対し、南北と黙阿弥はダメ出しをしますが……。 武士になりたがっているマタギの兄弟(荒川良々さん、岡田将生さん)や、その幼馴染(多部未華子さん)らも登場して、騒動が拡大してきますが、どこまでが戯曲で、どこまでが現実なのか、よく分かりません。 松尾スズキさんによると「初演の時より分かりやすくした」とのことですが、それでも私にはついていくのがやっとでした。 途中(1時間くらい経った頃)、松尾さんとノゾエさんが、それまでの話を簡単にまとめてくれたのが、非常に助かりました。 大人計画の面々は、相変わらず独特の存在感があって大いに楽しませてくれましたが、それに負けじと頑張っていたのが岡田将生さん。 時おり、その頑張りをイジられる姿が爆笑ものでした。 多部未華子さんも、ますますチャーミングに。 「甲乙入れ替えの術」のシーンで、何気に軽やかにダンスするのには、ちょっと驚きでした。 多部さんは「舞台での時代劇は、これが初めて」とおっしゃっていたようですが、これは時代劇に入らないんじゃ……(笑)。 そんな松尾スズキワールドな時代劇でした。

    touch
  • 奇想の前提

    演劇ユニット「鵺的」の舞台です。 ある舞台を観に行った時にもらったチラシが印象的で観に行きました。 劇場は、中野にあるテアトルBONBON。 とても小さな劇場ですが、舞台セットは、結構作り込んだものでした。 話は、江戸川乱歩のいくつかの小説を下地にしたオリジナルなものだそうです。 暗闇の中、大音量で響き渡る何か機械的な音と、フラッシュの中に一瞬だけ浮かび上がる猟奇的な場面で、おどろおどろしいオープニングです。 パノラマ島と呼ばれる島で起きた事件を中心に物語は進みますが、人物相関がややこしく、初めに家系図を持ち出しての説明がありました。 『パノラマ島奇談』を知っている人は、すんなりと理解できたと思いますが、私はあまり江戸川乱歩を読んだことがなく(小学生の時に読んだ『怪人二十面相』くらい)、最初、横溝正史っぽいなと思って観ていました。 エンディングは、オープニング同様、とても印象的な一コマで終わります。 「鵺的」というユニット名にピッタリな舞台でした。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

青山祥子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み