早乙女太一(サオトメタイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
早乙女 太一(さおとめ たいち、1991年9月24日 - )は、日本の俳優。大衆演劇の劇団、劇団朱雀(げきだん すじゃく)の2代目。本名、西村 太一(にしむら たいち)。血液型B型。身長174cm。元妻は女優でファッションモデルの西山茉希。

略歴
福岡県北九州市出身。「葵劇団」の劇団員の両親のもとに生まれ、幼少期から劇団員として育つ。

初舞台は1995年の4歳の時。

小学生の頃からビートたけしに役者として目をつけられ、彼が本名名義(北野武)で監督する映画作品に起用された。銀幕デビューは2003年公開の『座頭市』。芸者姉妹の妹(弟)おせいの子供時代を演じた。その後、2005年には『TAKESHIS'』で本人の芸名でもある、早乙女太一役を演じた。

マスコミからは流し目王子と呼ばれる。

2006年に公認のファンクラブが発足。女形として舞台に立つほか、俳優、タレントとしても活躍している。

所属事務所は2010年3月までは齋藤エンターテインメントだったが、2010年4月から両親が運営する劇団朱雀(株式会社SJK)へ移籍。しかし2015年2月に劇団朱雀が解散し、しばらくはフリーで活動。直談判を経て同年7月にLDHとマネジメント契約を結んだ。

人物
* 無名時代である13歳から芸術家の筒井はじめと写真作品を撮り続けた後、写真集「13-15」をワニブックスから出版、幼少より芸術に強い興味を持っていた。

* 『座頭市』でおせい役を演じた橘大五郎とは異なる劇団だが、共に舞台に上がることも多い。写真家の篠山紀信は、その美貌に惚れ込み、女には気をつけるよう注意したという。

* 2007年1月26日にフジテレビで放送された『Dのゲキジョー』の反響は大きく、放映直後から当時舞台を行っていた大勝館の予約電話は鳴りっぱなしでパンク寸前だったとのことである。翌日は満員御礼札止め状態であった。また、もう一人の主役である橘大五郎の20歳の誕生日でもあり、遠方からお祝い客もあふれ、大混乱となったという。

* NHK紅白歌合戦では、女性演歌歌手の応援としてたびたび演舞している。

* 2008年2月、大阪新歌舞伎座・最年少座長を記録している。

* 2012年5月、交際相手である西山茉希と路上で喧嘩したことが週刊誌で報道されたが、関係は修復された。

* 2012年9月18日、劇団朱雀本
「早乙女太一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月30日(火) 14:06UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

早乙女太一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み