坂東新悟(バンドウシンゴ) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • 国立劇場 7月歌舞伎鑑賞教室

    70代の両親にチケットをプレゼントしました。実際に歌舞伎を見に行っていた両親ですが、実はわからなかったこともあったようです。でも今回の教室では、舞台のサイドに説明文が出て、とてもわかりやすく、喜劇的なので、歌舞伎を楽しめたそうです。とても興奮して喜んでいました。国立劇場の2階では、歌舞伎の小物が飾られてた?ようでそちらも良かったと言っていました。おみやげも珍しい菓子があったと言って買ってきてくれました。たまねぎ味の厄除けおせんべいなど、とてもおいしかったです。歌舞伎を堪能してきた両親でした。プレゼントして良かったです。

    いるかちゃん
  • 平成中村座 十一月大歌舞伎

    昼の部 ◆実盛物語 瀬尾十郎兼氏(片岡亀蔵)の表情が良いですね、演技が光る。幼い太郎吉(中村長三郎)子役としてはしどころが多いが見事にこなす、斉藤別当実盛(中村勘九郎)の馬に乗せて貰った時本当に嬉しそうな笑顔、おもわず拍手をおくる。幕切れ馬の見せ場もあり、見どころいっぱい時代物の名作を堪能しました。 ◆近江のお兼 ◆狐狸狐狸ばなし 舞台と客席が一体となって、推理劇さながらの展開、怪談仕立ての趣向も面白く、この芝居小屋ならではの観客と役者の距離が近くて楽しめました。

    tajiteru
  • 平成30年度(第73回)文化庁芸術祭主催 10月歌舞伎公演 通し狂言「平家女護島」

    序 幕 六波羅清盛館の場 二幕目 鬼界ヶ島の場 三幕目 敷名の浦磯辺の場     同 御座船の場 俊寛僧都と入道清盛という善悪二役に挑戦の芝翫。自分は上使殺害の罪を負って島に残るので、代わりに千鳥を乗船させてほしいと願い、瀬尾を討ち果たす。上使を切ったる咎により自ら孤島に残ることを選んだ俊寛だが、未練を断ち切ることはできなかった。遠ざかる船を呆然と見送り客席の方を見て浜辺を走りながら、しだいに孤独感に駆られ手を振る動作、表情が良かったです。

    tajiteru
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

坂東新悟 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み