ジョナサン・ノット(JONATHAN NOTT) のチケット情報

お気に入り登録する
ジョナサン・ノット
(C)K.Nakamura
ジョナサン・ノット(Jonathan Nott, 1962年12月25日 - )は、イギリスの指揮者。

人物・来歴
イングランド中部のウェスト・ミッドランズ州ソリフルの生まれ。当初ケンブリッジ大学で音楽学を専攻したのち、マンチェスター(ロイヤル・ノーザン音楽大学)で声楽とフルートを学ぶ。後に指揮に転向し、ロンドンに学ぶ。フランクフルト歌劇場などでカペルマイスターを務めた。2000年バンベルク交響楽団の首席指揮者に就任。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団など欧州の主要オーケストラに客演している。幅広いレパートリーを持ち、現代音楽にも強みを発揮する。

バンベルク交響楽団とはたびたび来日しており、2009年にはブラームス・チクルスを展開した。また、NHK交響楽団とたびたび共演している。

2014年9月、東京交響楽団第3代音楽監督に就任。2017年1月、スイス・ロマンド管弦楽団音楽監督に就任。

脚注
(省略)

注釈・出典

(省略)
(省略)
(省略)
(省略)
(省略)
(省略)

(省略)
(省略)

(省略)

(省略)

__目次強制__
「ジョナサン・ノット」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年10月20日(土) 12:38UTC
公演レビュー
  • スイス・ロマンド管弦楽団

    端正な音でオーケストラは始まり,程なくヴァイオリンがしっとりと歌いだす. 憂いを帯びたこの旋律はいつ聴いても耳に心地よい. ノットの指揮は少々うるさいかな?とも思ったけれど,音楽の完成度の高さはさすがだった. もう少し,弾けても良かったのではとも思わなくもないが,辻さんの几帳面そうな,でも艶やかな音楽は素敵だった. 高音域が研ぎ澄まされたように美しく,私の好きなタイプのヴァイオリニストの方だなと思う. アンコールはバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第3番ホ長調BWV1006より,ロンド風ガボット. こちらでも,美しさを堪能した. 後半は「悲劇的」. 実は実演を聴くのが初めてなのだが,ノットの熱い熱い指揮と木管・金管のベルアップを多用した演奏は「だけじゃない」感がないとできないものだと思う. 約80分の演奏という旅を経て,改めてマーラーという作曲家について考える. 情報量は多く,1度聴いただけでは消化しきれなかったが,充実感が残る. そんな演奏会だった.

    Emilie
  • スイス・ロマンド管弦楽団

    全体的に非常に良い演奏会でした。 1曲目のメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲は、辻彩奈さんの22歳という若さを感じさせない堂々とした演奏でもあり、良く鳴る楽器を手に、はつらつとした演奏でもありました。注文を付けるとすれば、2楽章の緩徐楽章に若さが出たというか、もう少し深みが欲しかったですが、それはこれから経験を積んでいって得られるものかもしれません。アンコールのバッハは御愛嬌? 後半のマーラー交響曲第6番は、オーケストラのうまさを前面に出せた演奏ではなかったでしょうか。木管セクションの非常に柔らかいながらも、音はピアニッシモでもきちんと聴こえる澄んだ音色が心地良く印象に残りました。個人的な好みを言うと、トゥッティの時にメロディを担当するトランペットが、混沌とする音の塊の中を突き破るように演奏して欲しい部分を、常にお行儀よく、周囲に溶け込み過ぎていて、私としては不完全燃焼気味だったことでしょうか? 最後は団員がステージを引き上げ始めても、拍手が鳴りやまず、指揮者のノットさんがステージに現れ、拍手に応えるほど、演奏は客席の心を捉えていたと思います。

    kahsin
  • スイス・ロマンド管弦楽団

    辻彩奈のメンデルスゾーンはゆったりしっかりした演奏で良かった。しかし、ロットのマーラー6番はいただけない。マーラーの情念がまるで無い演奏でした。

    ちばこう
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ジョナサン・ノット のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み