浅香唯(アサカユイ) のチケット情報

お気に入り登録する
浅香唯
浅香 唯(あさか ゆい、1969年12月4日 - )は、日本のアイドル、歌手、タレント、女優である。本名、西川 亜紀(にしかわ あき)旧姓:川崎。宮崎県宮崎市出身。

来歴
デビュー〜ブレイク前
1984年、『少女コミック』主催の「ザ・スカウトオーディション'84」でグランプリ・浅香唯賞を受賞。これにより、芸名が「浅香唯」となる(「浅香唯」とは、同誌連載作品『シューティング・スター』の主人公の名前である)。自身は芸能界には全く興味がなかったが、優勝者に贈られる副賞“赤いステレオ”欲しさでオーディションに応募した。審査員だった前述の作品の作者が「“浅香唯”はこの子しかいない」と、浅香を一目見た瞬間から決めていたことによるグランプリであった。浅香はステレオとグアム旅行を手にするという目的を果たし、これで終わるはずだったが、数々の芸能プロダクションから次々とスカウトの電話が来る。1985年3月、中学卒業と同時に上京する。

1985年、上京した翌日からTBSの生放送番組『EXPOスクランブル』にレギュラー・アシスタントとして出演する。同年6月21日、シングル「夏少女」で歌手デビューする。キャッチフレーズは“フェニックスから来た少女”。約1年半の間にシングル5枚、アルバム1枚を発売した。5枚目のシングル「10月のクリスマス」がオリコン88位にランキングされた以外は、他のシングル・アルバムは100位以内にランキングされなかった。

スケバン刑事シリーズでブレイク
1986年10月、フジテレビ系連続ドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』に、主役の三代目麻宮サキ役で出演を果たした。

1987年1月発売の「STAR」が同ドラマの主題歌に起用され、オリコン9位にランクインする。以降、TBS系『ザ・ベストテン』、日本テレビ系『歌のトップテン』、フジテレビ系『夜のヒットスタジオ』、テレビ朝日系『ミュージックステーション』等、多数の音楽番組に出演する。同年9月発売の「虹のDreamer」で、初のオリコンチャート1位を獲得する。『スケバン刑事III』は当初半年間の放映予定であったが、一年間放送された。

1988年、映画『スケバン刑事 風間三姉妹の逆襲』に主演する。風間三姉妹(長女:大西結花、次女:中村由真、三女:浅香唯)として、シングル「Remember」を発売しオリコン1位を
「浅香唯」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年07月15日(月) 05:37UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 唯・結花・由真 三姉妹コンサート~Remember2019~

    それぞれのソロパートも含めて歌もしゃべりもおもしろくて満足でした。 ただ会場の前方半分が平面でステージが見えずらかったのが残念でした。

    かっつ
  • 唯・結花・由真 三姉妹コンサート~Remember2019~

    風間三姉妹としてのライブ。 一番思ったのはユニットとしてのライブで観ると いつもの曲が違って聴こえるということ。 ソロのときと聞こえ方が違う。もちろんMCも同様 に変わってくる。期待を裏切らないトークが楽しい。 企画の狙いだというスケバン刑事以外の曲も楽しめ るようにというのも自分には当たりました。 グループのアイドルとは違って、元はソロのアイド ルがユニットを組んだ形なので、各々が自立してい る安定感も良いし、3人観られるというお得感もあり ました。聴くだけじゃなくて感じるという。 スケバンのサントラ曲も生演奏で聴くと迫力があっ て、とても良かったです。 ちなみに、浅香さんの喉の調子が悪い時に唄った動画 がサイトにアップされていますが、それはそのときだ けで、ライブではしっかり唄っていますので誤解しま せんように。

    レビ
  • 浅香唯

    毎年恒例の唯ちゃんのお誕生日ライブ。今年も80年代ワールド全開の楽しいライブてしたが…唯ちゃん太ましくなってたのがショック(;´д`)

    のびのび
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

浅香唯 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み