遼河はるひ(リョウガハルヒ) のチケット情報

お気に入り登録する
遼河 はるひ(りょうが はるひ、1976年2月2日 - )は日本の女優、タレント。元宝塚歌劇団月組の男役。所属事務所はプロダクション人力舎。

愛知県名古屋市出身。椙山女学園中学校、椙山女学園高等学校卒。

愛称は「アヒ」(本名のなまり)。身長173cm、血液型A型。

来歴・人物
1994年、宝塚史上もっとも倍率の高い年に(競争率48.25倍)宝塚音楽学校入学。82期生。同期には壮一帆(元雪組トップスター)、蘭寿とむ(元花組トップスター)、涼紫央(元星組スター)、紺野まひる(元雪組トップ娘役)らがいる。

1996年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は11番。月組『CAN-CAN』で初舞台。その後月組に配属。

若手男役として新人公演で2番手などの役を演じていたが、2001年に宙組に組替え。2002年、『鳳凰伝』にて新人公演主演を果たす。2003年、「春ふたたび」にてバウWS初主演。

2005年5月、「Le Petit Jardin 幸せの庭」でバウホール主演。2006年、『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-』では、唯一の悪役とも言える大役・フランシスコ・アギラール役を演じた。

その後再び月組に組替え。2007年 - 2008年宝塚バウホール・東京特別公演『HOLLYWOOD LOVER』では、主人公と対立する二番手役・リチャード・R・ローガンを演じた。2008年日生劇場公演『グレート・ギャツビー』では二番手役のニック・キャラウェイ役に抜擢される。同年『夢の浮橋』では当時のトップスター瀬奈じゅんが演じた匂宮の兄・ニの宮を演じた。2009年3月、自身の初ディナーショー「GLITTER」を開催、同年『エリザベート』ではルドルフ皇太子を演じた。

2009年12月27日、『ラスト・プレイ』『Heat on Beat!』東京宝塚劇場公演千秋楽を最後に当時のトップスター・瀬奈じゅん、娘役スターとして活躍していた城咲あい、羽桜しずく等と同時退団。

2010年より、Beehiveに所属。また、同年から出身地である名古屋市の中日ビルイメージモデルを2012年まで務めた(後任は同じく宝塚歌劇団卒業生で先輩にあたる立樹遥)。

2013年より、所属事務所(マネージメント契約)をBeehiveから、プロダクション人力舎へ移籍した。ただし、Beehiveとは広告業務提
「遼河はるひ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月28日(水) 06:25UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「アニー」

    遼河はるひさんのハリガン、最高に良かったです!!

    5959
  • 30-DELUX

    劇場中央のステージによりどこから見ても楽しめる作りだった。 役者の方も四方の扉から出入りし、疾走感があって良かった。 しかし、世界観や疾走感、テンポを止めてしまうコントや一発芸、先の読める笑い(かっこ良く決める所で笑いを取ったり)にガッカリした。 その役者の方のファンなら笑えるけど、そうでない私には笑えなかった。 せっかくその世界に引き込まれたのに現実に戻される感じでした。 演技も上手く、殺陣もかっこ良く、疾走感もあるのになー残念!!

    匿名希望15
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

遼河はるひ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み