檜山修之(ヒヤマノブユキ) のチケット情報

お気に入り登録する
檜山 修之(ひやま のぶゆき、1967年8月25日 - )は、日本の男性声優、ナレーターである。アーツビジョン所属。広島県廿日市市出身。身長166cm、体重74kg。血液型はA型。(省略)

来歴
『月刊アニメディア』付録の声優辞典で、自ら広島の日赤病院で出生したことを述べている。

声優になった理由は「食べていくため」と答えており、檜山によると高校生の頃「自分の好きなことで飯が食えたらいいな」と思っていた。第1希望は歴史の研究家だったが、大学の史学科のレベルの高さに断念。第2希望である声の仕事を選んだ当時、放送部にいたためこういう仕事をして生活が出来たら幸せと思い、養成所に入ることを決意する。

高校を卒業して声優になるために上京したが、親に学費を出してもらえずオンボロアパートに住み込み新聞奨学生をしながら東京アナウンス学院、日本ナレーション演技研究所といった声優の専門学校に通ったという。檜山自身はそれが後の芸の肥やしになったと述懐している。舞台経験は少ないが、「芸を磨く上で機会あれば今後も出演していきたい」とのことである。

特色
二枚目や熱血漢、クールな役、粘着質な三枚目役、冷徹な悪役や太めの体格のキャラクターまで、様々な役柄を演じている。

声優としてのデビュー作はOVA『かいけつゾロリ』(1989年)のミイラ男役。檜山によると「自分の無能さに愕然とした」「皆さんの声が滑らかに聞こえてくるのに、僕の声が浮いていた」と思ったという。勇者シリーズでは『勇者特急マイトガイン』(旋風寺舞人役)、本人も認める自分の看板作品である『勇者王ガオガイガー』(獅子王凱役)の2度に亘って主人公を務めた。

アニメ以外にも、特撮のテレビドラマや洋画の吹き替え、ゲームへの声当ても多数行っている。『スーパー戦隊シリーズ』などの特撮作品では孤高のアウトロー系や、狂気を前面に出す悪役を担当する機会が多い。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』の劇場版3部作では死去した田中一成から玉城真一郎役を引き継いでいる。

人物
(省略)
仕事をする時に気をつけていることは「その時やってる役にとにかく専念すること」。

デビューして約5年間、アルバイトをしながら生活していた。その中の一つである警備員のバイトをしていた頃、道路工事の現場がアフレコスタジオの前だった時があり、同僚にばれないように顔を隠し
「檜山修之」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月17日(月) 15:59UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ネオロマンス・フェスタ 下天の華 ~星見の宴~

    とても楽しいイベントでした!愛蔵版の購入意欲を掻き立てる罪の華エンディング序章が特によかったです! またトーク部分も檜山さん、岡本さんのMCのもと、軽快に進んでゆき、昼・夜で異なる種目でポイントを競いました。 兄様のお饅頭、食べたいです! 11月のイベントも楽しみにしています!

    覇王樹
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

檜山修之 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み