三津谷葉子(ミツヤヨウコ) のチケット情報

お気に入り登録する
三津谷 葉子(みつや ようこ、1984年11月8日 - )は、日本のタレント、女優。

東京都生まれ・埼玉県新座市出身。身長166cm・血液型O型。ホリエージェンシー所属。

人物・来歴
* 東京で生まれ、その後、埼玉県新座市に引っ越す。
* 小学1年生からバレエを始め、子供の頃はバレリーナを目指していた。
* 小学6年生の時、ホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し、優秀賞受賞。写真集『BABY KISS』でデビューする。同時期デビューは深田恭子、酒井彩名などがいる。
* この時点では女優を目指していたが、ローティーンらしからぬバストの持ち主である事が分かるとグラビア・写真集・ビデオの仕事が増え、15歳の時にVisual Queen of the Year2000に選ばれる。
* 水着の仕事ばかりで女優へのシフトが遅々として進まない事から事務所と軋轢が生じ、一時期は引退を考えてスターバックスへ履歴書を送った事もある。しかし、面接の結果、不採用になったことから芸能活動について考え直した。そのスターバックスのアルバイトに採用されていたら芸能界をやめていただろうと振り返っている。
* 18歳、19歳頃から吹っ切れたように大胆な下着やキャミソール姿を披露するようになり、「60歳までグラビアをやる」と意欲的な発言をするようになる。20歳を超えてから、ドラマ、映画出演ではキスシーンやベッドシーンなども多くこなしている。
* 『週刊ヤングジャンプ』をはじめ『ビッグコミックスピリッツ』、『週刊ヤングサンデー』、『週刊ヤングマガジン』の週刊青年漫画4誌すべての表紙を飾った数少ないひとりである。
* 一方では『69〜Sixty Nine』『仮面ライダー剣・Missing Ace』等の劇場用映画作品や舞台にも出演するようになり、2006年公開の「東京大学物語」で初の映画主演を果たした。さらに同年秋、TVでもローカル枠ながら連続ドラマ『桜2号』で主役(人間とアンドロイドの2役)を演じている。

出演
(省略)

テレビドラマ
* P.S.元気です、俊平 第7話・第8話(1999年8月5日・12日、TBS) - 久野布由子 役
* エコエコアザラク〜眼〜 (2004年、テレビ東京) - 須田薫 役
* 仮面ライダー剣 第28 - 31話(2004年、テレビ朝日) - 三輪夏美 / 仮面ラ
「三津谷葉子」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月01日(土) 12:15UTC
公演レビュー
  • 黒い乙女A/舞台挨拶

    Qの後の話かなと思って観てみたらQの話の裏側とかその辺の話とか過去の話とかの後でその後の話。 ホラーとして観ると何か違うなと思う…怖いというより気持ち悪いかなぁ 舞台挨拶はQの時に話した事に+αな程度で

    牛丼並とみさいる
  • 黒い乙女A/舞台挨拶

    前回が二人の少女を中心にゴシックホラー的に心理サスペンスやホラー的事象が展開したのに対し、今回は二人の少女のバックグラウンドと謎解きをJホラー的湿度の高いゴア&憑依描写を交えて進める構成が面白い。予算や撮影環境の制約があるものの、演出の工夫と主演のお二人の気品が作品全体に上品なテンションを持続させていて、制約を感じさせず飽きさせない。浅川梨奈さんと北香那さんの豹変演技対決が迫力だが、純真さを残した部分がそれ故闇の侵入を許してしまった要因として説得力を持っている。養父母の入れ子構造的演技も巧みだが、脇で出演の佐藤監督の演技も不気味で愉快。若干の説明不足が残るが、即物的描写に頼りすぎず雰囲気の醸成に成功していて、他のJホラーと一線を画している。 舞台挨拶の皆さんの撮影秘話も面白く楽しい!

    k_ohtsuki2016
  • 黒い乙女Q/舞台挨拶

    QとAで二部構成なのでモヤっとして終わるのかなとか思ったが 唐突に終わったという感想 次回予告とかあってもいいようなそれでも足りないような 二部構成といっても単体で楽しめる(謎な部分は残しても)ようでないとどうなのかなと 続きを観たいと思わせるものが感じれなかった。 AまでにきっとQのをほとんで忘れると思う Qを観てAを観てまたQを観ても良い(怖い?)っぽぃ事言ってたがAを公開中にQ観る事が出来るのか?(上映してるのか)

    牛丼並とみさいる
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

三津谷葉子 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み