檀ふみ(ダンフミ) のチケット情報

お気に入り登録する
檀ふみ
檀 ふみ(だん ふみ、1954年6月5日 - )は、日本の女優・声優・司会者・エッセイスト。

東京都練馬区出身。身長170cm、血液型A型。

父は作家の檀一雄。兄はエッセイストの檀太郎、父方の叔父に東映代表取締役会長高岩淡がいる。姓を「壇」とするのは誤字。

来歴・人物
初の芸能活動は、カナダへ1か月間の高校生レポーターとしてであった。叔父・高岩が当時映画撮影所長で、父と映画プロデューサーの俊藤浩滋に半ば騙され撮影所に連れられ、嫌々衣裳あわせをしていたが、主演する高倉健と会い、その格好良さに惹かれて出演することにしたというのが、映画デビューのきっかけであった。

東京学芸大学附属大泉中学校、東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)から駿台予備学校で一浪して、慶應義塾大学経済学部に進学し6年かかって卒業している。在学中、1学年上の遠藤龍之介(遠藤周作の一人息子。現・フジテレビ取締役)に、周作への葉書の追伸として「もしお暇でほんとによろしかったら、お声をかけてくれれば、どこへでもついていきます」と書き送ったが、龍之介からは何の返事もなかったという。

『男はつらいよ 寅次郎純情詩集』『青春の蹉跌』などに出演、清純派女優として注目された(1994年『わが愛の譜・滝廉太郎物語』で第17回日本アカデミー賞助演女優賞を受賞)。本人が最も気に入り、代表作とも言われるのは『日本の面影』の小泉セツ役である。

NHK総合テレビのクイズ番組『連想ゲーム』では女性チーム3枠の名解答者として、15年間の長期にわたって親しまれた。『N響アワー』では池辺晋一郎の解説のサポートを務め、お気に入りの作曲家はチャイコフスキーで「チャイ様」と呼んでいた。これはその後、NHK-FMの番組『N響 ザ・レジェンド』につながっている。

父・一雄の影響で、自らも料理、食事に関するエッセイを執筆しており、1999年には親友(大学の先輩で作家の娘というつながりがある)阿川佐和子との共著『ああ言えばこう食う』で第15回講談社エッセイ賞を受賞している。

晩年の父の代表作『火宅の人』は口述筆記されたものであり、その姿はNHK特集『作家檀一雄の最期』やドキュメンタリー『むかし男ありけり』 (1984年、RKB毎日放送) に収録されているが、父の最期の姿を思い出すのが辛く、結末は何年も読まなかった。初めて
「檀ふみ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月09日(日) 20:47UTC
公演レビュー
  • 轢き逃げ -最高の最悪な日-/初日舞台挨拶

    舞台挨拶は和気あいあいな雰囲気でとても楽しく拝見いたしました。 そんな舞台挨拶とはうって変わって映画では胸が痛かった。 逃げる二人にも娘を亡くした両親にも逃げる彼の婚約者の彼女にも。 水谷豊さん、監督も俳優もされて凄いです。 これからまた監督も続けるそうなので、楽しみです。

    RIMA
  • 轢き逃げ -最高の最悪な日-/初日舞台挨拶

    前作とは打って変わって、という作品。 主演2人の演技がわざとらしすぎて、あんまり、、、 水谷さんと一徳さんのシーンをもっと増やしてほしかった。 舞台挨拶は、本作のことにほとんど触れず、 宣伝にいっぱい周ってるとか、次回作の話ばかり。 上映前とはいってももっと今回の作品の中のシーンや 作品に込めた思いとか聞きたかった。

    ハルノオト
  • 轢き逃げ -最高の最悪な日-/初日舞台挨拶

    水谷豊監督第ニ作品を初日拝見しました! リアルで奥深い人間の悲しさが表現されていました…。 キャストそれぞれに個性的で大変魅力的で引き込まれて切ないです。 皆さんに見て頂きたいです。 是非、水谷豊監督第三作品をお願いしたく思います!

    yop
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

檀ふみ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み