玉木宏(タマキヒロシ) のチケット情報

お気に入り登録する
玉木 宏(たまき ひろし、1980年1月14日 - )は、日本の俳優、歌手。愛知県名古屋市出身。アオイコーポレーション所属。

身長180cm、血液型はA型、靴のサイズは27.5cm(省略)


略歴
高校2年生(16歳)の時に名古屋のサカエチカで、現在の所属事務所アオイコーポレーションの社長である葵てるよしにスカウトされた。高校を卒業とともに上京し、1998年 ドラマ『せつない』で俳優デビューした。

1998年の上京当時からNHK朝ドラ『こころ』で広く認知される2003年頃まで、アルバイトをしながら主にオーディションで役を得る生活だった。

2001年公開の映画『ウォーターボーイズ』の佐藤勝正役で注目を浴び、2003年の『こころ』ではヒロインが恋心を抱く花火職人を、2004年のフジテレビ月9ドラマ『愛し君へ』ではヒロインに片思いするコック見習いを演じ、CM『ポカリスエット』などへの出演で徐々にお茶の間に浸透していった。

2004年、WOWOW の ドラマW 『恋愛小説』でドラマ初主演。同年、『雨鱒の川』で映画初主演。

2006年、 NHK 土曜ドラマ 『氷壁』で連続ドラマ初主演。このドラマの第2回「生死を賭けた挑戦」が2006年11月7日、ABU賞テレビ・ドラマ番組部門を受賞した。またこの年は、NHK大河ドラマへ初出演したり、映画『ただ、君を愛してる』の主演や、フジテレビ月9ドラマ『のだめカンタービレ』の千秋真一役を演じたりなどで、一躍人気俳優の仲間入りをした。

2007年2月、エランドール賞新人賞を受賞。

2010年4月23日からbayfmで、初のレギュラーラジオ番組『Naked』の開始や、同年12月5日には初ナビゲーター番組『ダ・ヴィンチの指紋』が放送されたりと声を使った仕事も増えている。

時代劇には2002年の『SABU 〜さぶ〜 』 が初めての出演になる。NHK大河ドラマには2006年、『功名が辻』の主人公の弟 山内康豊 役が初出演で、2007年 『敵は本能寺にあり』で織田信長、2008年には2度目の大河ドラマ『篤姫』で坂本龍馬を演じ、2010年には映画 『大奥』にも出演した。2012年、『平清盛』の源義朝 役が3度目の大河ドラマ出演となる。

2012年9月26日に中国で公開された(日本未公開)、周潤發主演の中国映画『銅雀台』に出演。外国
「玉木宏」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年11月19日(火) 15:26UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

玉木宏 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み