清木場俊介(キヨキバシュンスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
清木場俊介
清木場 俊介(きよきば しゅんすけ、本名同じ、1980年1月11日 - )は、日本のシンガーソングライター。EXILEの元ボーカルである。在籍当時は「SHUN」名義。山口県宇部市出身。身長173cm、体重63kg、血液型O型。所属レーベルは自主レーベルのUTAIYA RECORDS UNITED。愛称は俊ちゃん。

略歴
デビュー前〜「EXILE SHUN」としてのデビュー
1980年1月11日、3人兄弟の末っ子として生まれ、幼い頃に父親の影響で尾崎豊と、長渕剛の曲に触れ音楽への道を志すようになり、中学生の頃から地元である山口でバンド活動、ギターの弾き語りを行う。

中学生の頃は、不良少年だったがバンド活動を開始。18歳でバンドが解散してからも、地元・山口県の地下道でギターの弾き語りを行う。19歳頃に建設関連の会社を設立。会社の社長として働く一方で、仕事が終われば詞を書き溜め、休みの日は路上で語り弾きをしていた。その後、地元テレビ局のボーカルオーディションを受け優勝、偶然その場に居合わせたavex社員の目に止まる。その後、HIROがATSUSHIと清木場に「レコーディングやるから」と言って、急遽行った『Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜』の英語版のレコーディングの時に初めて清木場の歌を聞き、一発で惚れ込んだという。こうして、1ボーカル・4パフォーマーで行く予定だったが、ボーカルは二人となった。

2001年8月24日、EXILEに改名し、9月27日にシングル「Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜」でEXILEのボーカル「SHUN」としてデビュー。

ソロ活動開始〜
2004年より清木場俊介のソロ名義での活動を開始。3月24日に発売された尾崎豊のトリビュートアルバム『"GREEN" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に「ふたつの心」で参加し、4月22日に行なわれた尾崎豊トリビュートライブイベント『THE NIGHT 〜A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI〜』に出演。5月14日〜6月19日に初の個展「在るが儘」を開催。6月30日に発売されたEXILEの15thシングル「real world」にVS企画としてソロ曲「ありがとう」が収録された。

2005年1月19日にシングル「いつか…」でソロデビューを果たす。
「清木場俊介」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月15日(金) 17:55UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 清木場俊介

    EXILE第一章が大好きでSHUNの声が聴きたくて行きました。 EXILE第一章は人生を支えてくれた特別な存在です。 今はSHUNではなく、ロックシンガー清木場俊介ですが、数曲は当時のSHUNの歌い方で 感動しました。 あの透き通る綺麗な声、心と魂が入った歌声、強さと優しさのある歌い方に体が反応し、 熱いものが何度か込み上げ、第一章のSHUNがそこに居ました。 唄い屋 清木場俊介を生で感じれた素晴らしい思い出になりました。 やっぱりSHUN(ATSUSHIとのデュエットは更に!)のバラードは最高! SHUNの最高の歌声を一人でも多くの方に聞いて欲しいと願います。

    濡れ落ち葉 洋
  • 清木場俊介

    大好きな清木場さんのLive、しかも自分の誕生日に参加できた事が最高に幸せです。 男 清木場俊介 熱い暑い思い出をありがとう‼

    かよちまん
  • 清木場俊介

    メチャクチャ楽しかった。後半ツアーチケット取れませんでした。完売!是非、追加公演をお願いいたします。

    あきしば
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

清木場俊介 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み