清木場俊介(キヨキバシュンスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
清木場俊介
清木場 俊介(きよきば しゅんすけ、本名同じ、1980年1月11日 - )は、日本のシンガーソングライター。EXILEの元ボーカルである。在籍当時は「SHUN」名義。山口県宇部市出身。身長173cm、体重63kg、血液型O型。所属レーベルは自主レーベルのUTAIYA RECORDS UNITED。愛称は俊ちゃん。

略歴
デビュー前〜「EXILE SHUN」としてのデビュー
1980年1月11日、3人兄弟の末っ子として生まれ、幼い頃に父親の影響で尾崎豊と、長渕剛の曲に触れ音楽への道を志すようになり、中学生の頃から地元である山口でバンド活動、ギターの弾き語りを行う。

中学生の頃は、不良少年だったがバンド活動を開始。18歳でバンドが解散してからも、地元・山口県の地下道でギターの弾き語りを行う。19歳頃に建設関連の会社を設立。会社の社長として働く一方で、仕事が終われば詞を書き溜め、休みの日は路上で語り弾きをしていた。その後、地元テレビ局のボーカルオーディションを受け優勝、偶然その場に居合わせたavex社員の目に止まる。その後、HIROがATSUSHIと清木場に「レコーディングやるから」と言って、急遽行った『Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜』の英語版のレコーディングの時に初めて清木場の歌を聞き、一発で惚れ込んだという。こうして、1ボーカル・4パフォーマーで行く予定だったが、ボーカルは二人となった。

2001年8月24日、EXILEに改名し、9月27日にシングル「Your eyes only 〜曖昧なぼくの輪郭〜」でEXILEのボーカル「SHUN」としてデビュー。EXILEのシングルでは5曲の作詞を担当した。

ソロ活動開始〜
2004年より清木場俊介のソロ名義での活動を開始。3月24日に発売された尾崎豊のトリビュートアルバム『"GREEN" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI』に「ふたつの心」で参加し、4月22日に行なわれた尾崎豊トリビュートライブイベント『THE NIGHT 〜A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI〜』に出演。5月14日〜6月19日に初の個展「在るが儘」を開催。6月30日に発売されたEXILEの15thシングル「real world」にVS企画としてソロ曲「ありがとう」が収録された。

2005年1月19日
「清木場俊介」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月29日(水) 13:49UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 清木場俊介 8/18 Zepp Tokyo

    えー、男性の私、本日やらかしました。 確かにチケットにもぴあの申し込みフォームにも、ごく小さい字で「女性限定」と書いてあったので私の落ち度は認めます。ただ何故弾かれず申し込めてしまい、発券が出来てしまったのか。当日も普通に入場出来てしまいドリンクを引き換え、フロアに入ってからスタッフに呼ばれることになったのか。もっと早く弾かれていれば時間やお金を損せずに済んだのに。 結局一度は「今回は仕方ないので入場して端っこで見てください」と言われたものの、入ろうとしたら別の偉い人っぽいスタッフが出てきてやっぱダメだと。そりゃそうだと思いつつ、じゃあ最初から期待持たせるんじゃねえよ!!とも感じてしまう。そして払い戻しもムリ。 いや自分のミスなのはわかってます。ただ残った結果としては会場まで無駄に時間を浪費し、1万近いチケット代をただただ失い、初参戦になるはずだった清木場俊介のライブを見ることも叶わなかった。はい自業自得です。でもさ、ぴあといい現場スタッフといい、もうちょいどうにかならなかったの? 最後に八つ当たり的に星1とはしましたが、今日が良いライブであったことを祈ります。清木場さん、とことん縁がないなぁ…いつか観れる日は来るのかしら、、、

    女祭り?
  • 清木場俊介

    清木場 俊介 やっぱ最高です。 逢いに行けてよかった(^ ^) 新曲CHENGE ハッピーになれるとっても良い曲でした!

    優ちゃん
  • Rock ON

    昨年にFCに入り

    とも 名古屋
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

清木場俊介 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み