劇団鹿殺し(ゲキダンシカゴロシ) のチケット情報

お気に入り登録する
劇団鹿殺し(げきだん しかごろし)は、日本の劇団。

2000年、関西学院大学の演劇グループに在籍していた・菜月チョビと代表・丸尾丸一郎が、つかこうへい作品を上演したいが為に旗揚げ。当初の活動拠点は兵庫県西宮市。2005年4月に劇団員全員で上京、拠点を東京に移す。

劇団名の由来は詩人・村野四郎の「鹿」という作品から。

概要
上京後は東京都東久留米市の一軒家にてメンバー7人で共同生活をしながら、活動。

2007年、上京時のメンバー3名が引退し、オーディションなどを経て現在の形に至る。

2015年1月に、代表、菜月チョビが文化庁新進芸術家海外派遣制度により1年間のカナダ留学をした。

特徴
エンターテイメント志向の強い舞台を上演している。

鹿殺し舞台の特徴の一つとして、劇団員で劇中の殆どのオリジナル曲を作成し振り付けも劇団員で行う。

尚、古田新太(劇団☆新感線)や坂井真紀、水野美紀らが彼らに対する支持を表明している。

所属団員
2019年時点でのメンバー

俳優
* 菜月チョビ(なつきちょび)
* 丸尾丸一郎(まるおまるいちろう)
* オレノグラフィティ
* 橘輝(たちばなてかり)
* 高橋戦車(たかはしせんしゃ)
* 鷺沼恵美子(さぎぬまえみこ)
* 浅野康之(あさのやすゆき)
* 近藤茶(こんどうちゃ)
* 峰ゆとり(みねゆとり)
* 有田あん(ありたあん)
* 椙山さと美(すぎやまさとみ)
* メガマスミ
作曲・編曲/宣伝ビジュアル担当
* 入交星士(いりまじりせいし)

公演
* 第一回公演「熱海殺人事件/モンテカルロイリュージョン」(2000年)
* 第二回公演「蒲田行進曲」(2000年)
* 第三回公演「リング・リング・リング」(2000年)(以上つかこうへい作品)
* 第四回公演「愛卍情」(2001年)
* 第五回公演「ララバイ」(2001年)
* 第六回公演「さよなら」(2002年)
* 第七回公演「赤い落日」(2002年)
* 番外公演「彼女の起源」(2002年)
* 第八回公演「さよなら~君が代ラウドネス~」(2003年)
* 第九回公演「image」「image/KILL THE KING」(2003年)
* 第十回公演「チキン」(2004年)
* 第十一回公演「愛卍情」(2004年)
* 第十二回公演「百千万」(2004年)
* 第
「劇団鹿殺し」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月26日(月) 01:29UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 俺の骨をあげる

    劇団鹿殺し「俺の骨をあげる」観る。 2013年の「BONE SONGS」のリメイク。劇団名やタイトルが一見コワそうだけど、主人公タエが、支えてくれた5人の男たちの死を自分の骨として、成長していく物語。この劇団はストーリーはごくごく真っ当。前向きなテーマを、劇団員総出の演奏でゴリゴリのロックで暑苦しいと言えるくらいの演技でまっすぐに伝えてくる劇団。本作はパワーといいアンサンブルといい演奏といい、劇団の集大成といえるかっこよさとあったかさになってたと思う。演劇の中でプロレスを演じる作品としては子供鉅人「チョップ、ギロチン、垂直落下」が最高だと思ってたけど、この作品もかなりのガチです。 高嶋政宏がタエの父親を演じる。高嶋のお兄ちゃんが鹿殺し客演?!と巷ではざわざわしてたが、歌って踊ってプロレスして大車輪。やっぱり存在感と華があります。もうひとり客演の相葉裕樹は主人公タエの夫を演じるが、イケメン歌うまキレッキレのダンスでこれまた華やか。初期メンバーはだいぶ退団してしまったけど、劇団員の層が厚くなって、管楽器の演奏がパワーを増してる。タエは主宰・演出も兼ねる菜月チョビ、小柄の体のどこに、という底知れぬパワーにハスキーボイスのボーカル。相変わらずかっこええわー。東京進出直後からこの劇団観てきてるけど、とうとうサンシャイン劇場に進出。サイズに負けてないチョビの演出に劇団のパワー、うーむ感無量。 この日はアフタートークがチョビと脚本の丸尾さんに大好きな篠井英介さん。篠井さんと鹿殺し、かなりのイメージギャップがあるが、実は篠井さんは鹿が駅前劇場とかで演ってたころから観てたらしい。確かに小劇場で篠井さんがなにげに中段あたりにひっそり座って観劇されてるのを何度も見かけたことある。3人で劇団と俳優について楽しいトーク。高嶋お兄ちゃんはカーテンコールで「もう一回できるな」、チョビは「今やっとアップ終わった感じ」と。役者の体力どんだけー、である。

    ちま
  • 劇団鹿殺し

    いい話にしてしまわないのが鹿殺しのいいところ。

    みみ33
  • 劇団鹿殺し

    無休列車!良かったです。 人生のレール!小さい頃は、親に引かれ。大きくなると親とは別に、兄弟であったり、友人であったり。人生のレールの運転手は誰なんだべさレールから脱線しそうになったら、助けてくれるのは?みちびいいてくれるのは。自分自信のレールは本当に合っているのか?妻や可愛いワン達。いろいろ考えさせられました。鹿殺し公演、これで3回目。ますますお気に入りです。がんばってほしいケロ。

    53歳おやじ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

劇団鹿殺し のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み