劇団スカッシュ(ゲキダンスカッシュ) のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • 劇団スカッシュ 「秒速ドリーマー(仮)」

    アイドル公演だった。 YouTubeで瀬戸さんを拝見していて、舞台に立つとのことで観に行った。 劇団スカッシュさんの舞台は初めてで、映像で拝見したことはあったくらいの状態。 舞台に対しての熱量がある方々だったし、「劇団」と名乗っているのだから、いわゆる「芝居」を見に行けると期待していた。 が、その結果を大きく裏切られたわけだ。 作品の構成から、演出から、まず映像向きな台本。演出も映像畑っぽい転換の仕方でみている側としては集中がきれる作り方だった。 では、台本の内容はというと、劇団スカッシュをトレースしたような架空の劇団の話で、主要なキャストは観客が普段抱いているイメージ通りのキャラクターで演じられているわけだから、みていて「その人」を見ることになった。 集客の方法がYouTubeを大体にしているから、大半の観客としては、「生でみれた!」という高揚感が味わえると思う。(実際私もその一人だった) だが、私はそんなアイドル手法を期待していた訳ではない。 集客は上手くいった。 100以上はいる間口もそこそこある劇場で、YouTubeを初めて初めての公演なのに、そこにあったのは「映像でもいいや」と思えるものだった。 そうではなくて、「舞台って面白い!またみたい!他の劇団や作品もみてみたい」と思ってもらわなければ、高いお金と交通費をだしてみにきている観客は、次もいこう。や、ましては、リピーターになどならないのではないかと感じた。 演劇好きな身としては、「商業演劇」を見せられた感覚になり、ショックだった。 飽くなき探求心や野心というものを、ぐっと探りたくなる作品でなく、板の上の人を見て楽しんでおわり。 もちろん、伝えたいことや、野心や熱量はあることは伝わったし、とても前向きに考えて今回のような作品になったのだと思うが、実際蓋をあけてみたら逆効果な気がする。 見やすい芝居を作ることや、エンターテイメントを簡略化することも大切だが、それは今ネットやテレビで十分楽しめる。 板の上でしかできないことを、ネットを起点に動いている野心家たちに表現して欲しかった。

    ktwo21
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

劇団スカッシュ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み