(ツル) /バンド のチケット情報

お気に入り登録する
鶴
鶴(つる)は、日本の3人組バンド。

概要
2003年に結成し、2008年にメジャーデビュー。メンバー全員がアフロヘアーで、眼鏡をかけ、柄入りのワイシャツ(自身たちは「キモシャツ」と呼称している)とブーツカットパンツを着用しているビジュアルが特徴。キャッチコピーはウキウキ&切なさの伝道師。

日本テレビの情報・バラエティ番組『PON!』の番組ジングルを担当している。

メンバー
メンバーはいずれも埼玉県入間郡鶴ヶ島町(現在の同県鶴ヶ島市)出身で、鶴ヶ島市立西中学校在学時代の同級生(入学時は既に市制を敷いていた)である。
*秋野温(あきの あつし、1981年9月11日 - )
**ギター・ボーカル担当。愛称は「あっつぃー」。
*神田雄一朗(かんだ ゆういちろう、1982年3月27日 - )
**ベース・コーラス担当。1996年のF1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルのファンhttp://www.racerk.jp/salon/salon100711_02.html
デーモン・ヒルにあこがれて - Driver's Meeting・7月11日放送より。
*笠井快樹(かさい よしき、1981年11月10日 - )
**ドラム・コーラス担当。愛称は「どん君」。

音楽性
バンド名は出身地の鶴ヶ島市に因む。もともとは出身校を略した「鶴西」から由来し、インパクトがあり目出度いという理由により、「鶴」一文字だけを採って現在のバンド名となった。

バンドの音楽性の基盤となっているのはTHE YELLOW MONKEYであることを公言しており、高校生時代にTHE YELLOW MONKEYのコピーバンドを結成して音楽活動を始めた経緯がある。また、秋野はCHAGE and ASKA、神田はCHAGE and ASKA・Earth, Wind & Fire・Aerosmith、笠井はMr.Children・山下達郎・ユニコーン・advantage Lucyに、それぞれ影響を受けたと語っている。音楽性はファンクにも影響を受けており、最初にファンクに触れたのがJackson 5の「I Want You Back」であることを公言している。ただ「I Want You Back」は、どちらかというとファンクというより、典型的なモータウン製のポップソウルである。。

作詞作曲にお
「鶴_(バンド)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月06日(月) 09:44UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 急な仕事で開演時間を少々過ぎての会場到着となりましたが、ちょうどオープニングムービー(?)を流していたようで、ご本人登場には間に合いました。「恋のゴング」で一目ぼれならぬ一聴ぼれし、周りの人間に(鶴ヶ島在住の友人含む)来年絶対ブレイクすると宣伝しまくった記憶があります。 それ以来アルバムやYouTUBEでPVを見続けてきていましたが、ライブに行けていませんでした。というのも、チケットをどこで取ればよいかわからず。今回も一月前の高崎ClubFreezにも参加しようと思ったのですが、いつ発売なのかわからず。何とかクアトロ公演のチケットが買えたような次第でした。ライブ内容と関係ない話でしたね(笑) さて、前から分かっていましたが、3人のグルーブ感は最高で、トークもばっちり。ベースやドラムソロもノリノリです。 ★を一つ欠けさせたのは、東京だからなのか、アンコールで声を出さない事です。一時TMRライブでもありましたが、アンコールはアーティストに対するオーディエンスからのラブコール。熱い気持ちで会場を冷まさずに再度迎え入れたい気持ちがありますが、残念ながら少し冷えた為です。ツアーラスト公演なので、もっと沸いて、もっと演者を気持ちよくさせてあげたかった。 そう、演者は★5です。ライブはみんなで作りもの。客がわの評価が★ー1という事でした。 あと、個人的には一聴ぼれした「恋のゴング」聴きたかったなぁ。これまでのライブでやり倒しているだろうから、もうあまりやらないのかなぁ。。。 そうそう、鶴ヶ島の大使に任命された話を聞いて「ようやくか」と思いました。もっと早くなっててもおかしくない気がしましたが、その関係で、鶴ヶ島のゆるキャラ2体が舞台上に。帰りはフォトショットコーナーに待機されていて、レアな雰囲気を楽しめました。 また、鶴史上最長ライブになったとの事で3時間超えでした。まさかのダブルアンコールで、新作「バラフライ(仮)」の披露もあり。さらには帰りのサイン会。3人で対応するとの事。まったくあきれるほどのサービス精神に感服です。 秋に計画している鶴フェスも楽しみにしています。

    みつりん
  • 鶴のライブは楽しくてかっこ良くて、最高でした!会場は、広くきれいで、そしてステージが少し高いので前に背の高い人がいてもよく見えました。照明もきれいでした。ロッカーも充実していたので、荷物の心配がいらないのでとてもよかったです。

    ささき
  • 『SOUL MATE』新アルバムを発売してのツアー。3人の音だけで表現したアルバムは時々ほんの少しだけ、音が物足りないと思っていましたがライブでは全く感じさせない、それどころか重厚でパワフルでカッコよかったです。クラシックのような聴きごたえのある曲もイエモンやユニコーンのようなサウンドもこのライブで堪能しました。個人的にはぜひ男性に来ていただきたいアーティストです。

    nickname
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

鶴 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み