櫻井章喜(サクライアキヨシ) のチケット情報

公演レビュー
  • こまつ座「日の浦姫物語」

    2012年11月の蜷川幸雄演出、大竹しのぶ、藤原竜也主演のシアターコクーンを観たことがあり、あの時S席最後尾であったが、今回の紀伊国屋サザンシアターは最前列で、いささか趣も変わり、7年も経過しているので、「ああこうであったな」と思い出しながら楽しく拝見した。井上ひさしが、少年時代に読んだ「教皇グレゴリオ一世」を主な題材にしていることは、つとに知られており、時代背景を平安時代とした近親相姦を扱っている。兄妹、母子相姦は特別のことではないらくしいが、ただ懺悔の対象なのだ。今回は日の浦姫と稲若だけでなく、説教聖の夫婦連れが大きな役割を担っていることを改めて知った。前回の舞台と比較するのは、失礼なことだが、朝海ひかるは無論のこと芸達者が揃ったこと、又たかお鷹が前回と同じ役をやり安心して楽しめた。脇陣を文学座の俳優たち(特に櫻井章喜が面白く)が固め、深刻になりがちな成り行きを喜劇風に演じていたのが印象的であった。カトリック信徒の井上ひさしが御仏(阿弥陀仏)を丁寧に扱い、最後は得意の「言葉遊び」を交えて大団円に終わる。

    粗忽者の早とちり
  • 新国立劇場演劇「ヘンリー五世」

    原作を読んでなくても安心して観れます。堅苦しい感じはなく笑いあり感動ありでもう少し見ていたいと思う。

    なにゃおみ
  • 「リチャード三世」

    初日です。演出が難しい。話の中身知っていても、解りずらかった。シェークスピア初めての子供には難解。

    グッチー
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

櫻井章喜 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み