KenKen(ケンケン) のチケット情報

お気に入り登録する
KenKen
KenKen(ケンケン、本名:金子 賢輔(かねこ けんすけ)、1985年12月30日 - )は、日本のベーシスト。血液型はAB型。東京都世田谷区下北沢出身。

プロフィール
父はドラマーのジョニー吉長、母は歌手の金子マリ、兄はドラマーの金子ノブアキという音楽一家で育つ
。15歳の時に、下北沢のライブハウスを拠点にライブ活動を始める。

数々のバンド活動やサポートを経て、2005年、『ベース・マガジン』(リットー・ミュージック)企画のオムニバスCDに参加。2006年4月、兄のいるRIZEに加入。同年6月にコロムビアミュージックエンタテインメント傘下のトライアドからソロ・アーティストとしてもメジャー・デビュー。RIZE,Dragon Ash, KenKen of INVADERS, SPEEDER-X, WAGDUG FUTURISTIC UNITY, THE STALIN Z, 二枚舌などのバンドにて活動している。FUZZY CONTROLの元メンバー。

原発問題・放射能問題についての団体「オペレーション・コドモタチ」の賛同者。

2016年、N高等学校に第一期生として入学。

評価
2007年4月号『ベース・マガジン』の表紙を、過去最年少(21歳)で飾り、巻頭特集では「その実力が、若手筆頭と言っても過言でない」「若き低音のカリスマ」と紹介された。

『ロック・ジェット』誌 Vol.28(2007年6月発売)にも、レッド・ホット・チリ・ペッパーズへの思いなどを語ったインタビュー記事が掲載された。

参加バンド
*JERK EGGPLANT(2001年 - 2004年)
*SUPER Goooooood!(2002年 - ) - 高田エージ率いる総勢28人の大所帯バンド
*二枚舌(2002年 - ) - ATSUSHI(G,Vo)=番長、D.I.E.(Key)=主任、スティーブ・エトウ(Perc)=監督、KenKen(B)=若
*STARS(2002年 - 2004年) - 鮫島巧(G)、U-TA★ROCK(Vo)、川野直輝(Dr)と組んだバンド
*Screaming Soul Hill(2005年)
*SHAG - SUGIZOのバンド
*RIZE(2006年4月 - )
*KENKEN of INVADERS - KenKenのソロ活動のバンド
*TORCERSE
「KenKen」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月23日(日) 12:25UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 韻シスト

    楽しかったです。初めての韻シストライブでした。ヒップホップ系のライブも初めてだし、 CharaもKenkenも初めて見ました。

    ふぷーる
  • TERRY BOZZIO

    前半・後半の2部構成で、前半の前半はボジオのソロ・パフォーマンス。 前半の後半はバンドを迎えて最新アルバム『コンポーザー・シリーズ』の収録曲を生演奏で再現。 後半は過去にボジオが行ってきた様々なバンド、プロジェクトの楽曲をスーパー・バンドで再現。 休憩時間をはさんで3時間、正味2時間45分程度のパフォーマンスは圧巻でした。 参加ミュージシャンがまた豪華! スリリングなギター・バトルにベース・バトル、鋭く切り込むキーボードと迫力のホーンセクション。ものすごいパフォーマンスがステージ上で繰り広げられました。 テリー・ボジオという人は昔から誰と競演してもライブで他のミュージシャン達のテンションを著しく上昇させて激しい反応を起こさせる触媒みたいな作用を引き起こす人でして、今回は各人のレベルが非常に高かったおかげであのような結果になったのでありましょう。 前半の後半における、コンポーザー・シリーズの再現は実にいい出来で、ボジオの頭の中では実はこういう風に鳴っていたのかぁ~っと関心しました。 後半の、いわばヒストリー部分では、メンバーを目まぐるしく入れ替えながら、ブレッカー・ブラザーズ、U.K.、ジェフ・ベック、ミッシング.パーソンズ(!)、フランク・ザッパ、BLS、BS、…等の楽曲のおいしいところを次々に披露するという贅沢ぶり。 興味深かったのは、ボジオ・レヴィン・スティーヴンスのアルバムと、ビリー・シーンとのコラボ・アルバムからの曲に多くの時間を割いたことで、こういう機会でもなければライブで聴くことはまずなかったでしょう。また、ミッシング・パーソンズは来日公演を行わずに解散してしまったので同バンドの曲をライブ演奏は貴重でした。 ライブならではのアクシデントもありました。後半1曲目、UKのランデブー602で、なんとボジオ本人が展開を忘れてしまって曲が中断!ボジオは照れ笑いしながらひたすら陳謝。最高のユーモアだ、なんてジョークも言って会場を大いに沸かせました。失敗しただけであれだけウケるのもボジオならではでしょう(笑) ボジオはジェフ・ベックがホントに大好きで、参加した唯一のベックのアルバム『ギター・ショップ』からも何曲もやったのですが、アンコールのラストがなんと「スター・サイクル」!もちろんメンバー全員ステージに上がっての大バトル!壮絶でした。

    ちゃーりー・わかめ
  • TERRY BOZZIO

    Good show! Wanna see again!

    NixxPaul
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

KenKen のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み