アーバンギャルド のチケット情報

お気に入り登録する
アーバンギャルド
アーバンギャルド(urbangarde)は、日本のポップロックバンドである。

来歴
2000年代中盤に松永天馬により結成。

2007年浜崎容子加入により活動を本格化し、2008年4月、1stアルバム「少女は二度死ぬ」をリリース。

2009年3月「少女は二度死ぬ(特装版)」を全国発売し、インディーズデビュー。

2011年7月20日「スカート革命」でユニバーサルJよりメジャーデビュー。
10月にはメジャー1stアルバム「メンタルヘルズ」を発売。同アルバムに収録のリードチューン「子どもの恋愛」はぴあフィルムフェスティバルの第21回PFFスカラシップ作品「恋に至る病」の主題歌に抜擢される。
年末にはCOUNTDOWNJAPAN11/12に初のフェス出演。

2012年3月7日にはシングル「生まれてみたい」発売に併せ、同月20日にSHIBUYA-AXにて当時バンド史上最大規模のワンマン「アーバンギャルドのSHIBUYA-AXは、病気。」を開催。さらに名古屋を皮切りに初の全国ツアーを敢行。
同年10月24日に発売したメジャーセカンドアルバム「ガイガーカウンターカルチャー」が10/23付のオリコンデイリーランキングで初登場10位にランクイン。

同年12月1日、2日にはフランス・トゥールーズにて開催されたToulouse Game Showに招待され、初の海外ライヴを経験。Nolifeを初めとするフランスのメディアに紹介される。

2013年、初のベストアルバム『恋と革命とアーバンギャルド』発売。7月、フランス・パリで開催されたJapan Expoに招待され、日本を代表するバンドのひとつとして紹介される。

2014年、徳間ジャパンへ移籍し6thアルバム『鬱くしい国』発表。また同年、歴史的カルチャー誌『夜想』がアーバンギャルドを特集。初の書籍刊行となった。

2015年、「鬱だ一番!アーバンギャルドまつり2015」よりおおくぼけい(ザ・キャプテンズ/ケイ伯爵)が加入。
また5月より全国ツアー「春を売れ!SPRING SALE TOUR」が開催され、ツアー中には米ダラスにて開催されるジャパンフェス「A-Kon」に出演。

2017年、四年半ぶりのニューシングル「あくまで悪魔」をリリース。タワーレコードデイリーチャート1位(17年1/3付)&週間チャート5位、オリコンデイリー
「アーバンギャルド」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月23日(火) 22:54UTC
公式サイト
公演レビュー
  • a-nation island

    昨年に続き今年で2年目の参戦です、昨年はトリがももクロだったので、油断して売店でホットドックを食べていたところ、ウリャオイが聞こえて来ました、OAでコラボのあかクロをやるとは想像しておらず、途中で席に戻り走れをみました。 ももクロはコラボで見ても消化不良で、面白味が半減します、またマイクかPAの調子が悪いようでメンバーの声が出てない所が多々ありました。 各グループの持ち時間も30分ない感じで、パワフルなダンスがみれて好きなファンとしては堪能できますが、見せられる観客としてまた聞かされる観客として単独でないFes.としてのコールを入れるヲタ芸に近いものは不快と感じる人も少数でもいると思います、全席指定である限り周りの人間に迷惑を掛けないようなマナーが必要ではと思います。

    としま
  • アーバンギャルド

    素晴らしかった

    et
  • Japan Popculture Carnival 2013 in Matsudo

    アニメ、アイドル、J-ROCKといった日本のポップカルチャーのアーティストが一同に介したライブイベントでした。 個人的にはアニメ・声優系イベントに行くことが多いため、特にアイドル系は正直とても疎かったのですが、結論から言えば、とても熱くて新鮮で面白いイベントでした。 色々なジャンルの入り混じったイベントながらも、出演者も観客も、熱く、それでいて明るく和気あいあいと楽しんでいて、会場の雰囲気も最後までとても良かったことも印象的でした。 自分がアニメ・声優系ということで、JAM Projectや上坂すみれさん、あとはまさか歌うとは思っていなかった水島大宙さんが目当てで、あとは殆どが初めて拝見した出演者でしたが、そのジャンルでのトップグループというより、これから上り調子の出演陣というのも個人的には気に入っており、今後、そんな出演者がもっと有名になったら、ちょっと自慢できそうなところも良かったりします。 特に、元モーニング娘。の田中れいなさんのバンドユニット「LoVendoЯ」は、ロックミュージックにアイドルの要素が見事に融合しており、歌唱も素晴らしいし、ビジュアルも良いし、観客の盛り上げ方も上手い。伊達にトップアイドルを張っていただけのことはあると感動しました。 個人的に目当ての一人だった上坂すみれさんは、ゴシックロリータのファッションと人形のようなルックスに、ロシア要素も入ったユニークなボキャブラリは平常通りでしたが、ステージでの振る舞いを見ていても、アーティストとしてもだんだん成長しており、とても嬉しかったです。アーバンギャルドとのコラボによる新曲披露といったサプライズも良かったです。 今回OPとトリも務めたJAM Projectは、さすがアニソン界の王者の雰囲気で、それぞれのソロも含め、パワフルなボーカルで今回も圧倒されました。惜しかったのは、王道コール&レスポンス「MOTTO!MOTTO!」をバンドでもっと存分にやって欲しかったことでしょうか。あとは、コラボレーションした「SU-METAL」さん、歌声も素晴らしかっただけに、ここはソロパフォーマンスも見てみたかったのもありました。

    yumichang_man
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

アーバンギャルド のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み