池田秀一(イケダシュウイチ) のチケット情報

お気に入り登録する
池田 秀一(いけだ しゅういち、1949年12月2日 - )は、日本の声優、俳優、ナレーターである。東京俳優生活協同組合所属。

東京都出身。身長162cm、体重60kg。血液型はO型。元妻は女優の戸田恵子。現在の妻は声優の玉川砂記子。

来歴・人物
「声優グランプリWEB」によると、「芸能界に入ったきっかけは、最初は遊び半分みたいなものでした。児童劇団に入っている友達が近所にいて、「今度その劇団で募集しているから君も受けてみない?」と誘われてちょっと行ってみたら受かってしまったという感じで」 とのことであり、1958年(昭和33年)からは子役として活動し、NHKのテレビドラマ『次郎物語』の主役を務めるなど「天才子役」として名を成す。鈴置洋孝は『機動戦士ガンダム』で初共演する際、『次郎物語』の池田、『巨人の星』の古谷徹との共演に感激したという。子役時代のあだなは「秀坊」。中学生時代には、一千万人の劇場「小さき闘い」(フジテレビ)で石原裕次郎との初共演も果たしている。その後も『銭形平次』、『遠山の金さん捕物帳』、『大江戸捜査網』、『太陽にほえろ!』、『Gメン'75』、大河ドラマ 『花神』、『大岡越前』、『西遊記』など多くのテレビドラマに出演を重ねた。

それらと並行し洋画の吹き替えなどの仕事もしていたが、1970年代半ば、洋画のアテレコで知り合った音響監督の松浦典良の勧めにより『無敵鋼人ダイターン3』に出演した。その後、声優業にはあまり乗り気ではなかったが、『ダイターン3』の後番組『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ役のオーディションに参加する。その時に見た安彦良和のシャア・アズナブルのイラストにインスピレーションを感じ、シャア役のテストを受け、その役を得た。

アニメでは美形の敵役やクールな二枚目役が多いが、『七つの海のティコ』のスコット・シンプソンのような優しい父親、『ONE PIECE』のシャンクスのような飄々とした役柄もこなす。ギャグキャラクターも少なからず演じるが、本人は演じることに抵抗がある(後述)。吹き替えではコメディー系の二枚目役としての出演も多い。持ち役としてはチャーリー・シーンやジェット・リーが挙げられる。

教育番組のキャラクターである『みてハッスルきいてハッスル』のにゃるま様役や、アニメでも『天上天下』の棗慎役など、それまでのキャラクターの傾向と
「池田秀一」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月28日(水) 14:13UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

池田秀一 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み