中田ヤスタカ(ナカタヤスタカ) のチケット情報

お気に入り登録する
中田 ヤスタカ(なかた やすたか、1980年2月6日 - )は、日本の音楽家。
音楽ユニットCapsuleとしてのアーティスト活動のほか、音楽プロデューサーとしてPerfume、きゃりーぱみゅぱみゅなど多数のアーティストを手がけている。また国内外のアーティストへのリミックスの提供。映画のサウンドトラック、ニュース番組のテーマ曲、アパレルブランドのコレクション用楽曲などを手がける作曲家としても幅広く活動中。

来歴
(省略)

*2001年、ユニットcapsuleにてメジャーデビュー。
*2002年、映画『うつつ』のサウンドトラックを制作。
*2003年、Perfumeの音楽プロデュースを開始。
*2004年、スタジオジブリの百瀬義行監督とのコラボレーションによるショートムービーを制作。
*2007年、フジテレビ系テレビドラマ『ライアーゲーム』のサウンドトラックを制作。
*2008年、ファッション・ブランドFRAPBOISに2008S/S、08-09A/W 楽曲を制作。
*2009年、劇場版『LIAR GAME The Final Stage』のサウンドトラックを制作。
*2010年、テレビ朝日系ニュース番組『スーパーJチャンネル』のオープニングテーマ曲「Views」を制作。日本人初となるカイリー・ミノーグへのリミックス提供。
*2011年、きゃりーぱみゅぱみゅの音楽プロデュースを開始。
*2012年、日経ビジネスオンライン「CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2012」クリエーター部門受賞。
*2012年、漫画『ONE PIECE』の展覧会『尾田栄一郎監修 ONE PIECE展~原画×映像×体感のワンピース』のテーマ曲を制作。
*2012年、劇場版『ONE PIECE FILM Z』のオープニングテーマを制作。
*2012年、日本レコード大賞にて編曲賞を受賞(『Perfume 「スパイス」、きゃりーぱみゅぱみゅ 「つけまつける」など』)。

人物
レコーディングを含めた楽曲制作は、全て中田自身のプライベート・スタジオで行っている。作曲はハードウェア音源を使用せず、ほぼ全てソフトウェア音源で行うため、他のミュージシャンと比較してシンプルなスタジオであり、楽器の演奏や編曲、レコーディングエンジニアなども自身で担当している。使用しているDAW(デジタル・オー
「中田ヤスタカ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年02月16日(土) 08:08UTC
公式サイト
公演レビュー
  • Yasutaka Nakata presents OTONOKO 2017

    Perfume目当てでOTONOKO参戦を決定。フェスは行ったことがあるが、クラブには行ったことなく、これを機に聴くジャンルの音楽達に触れ合った。 会場には犬も歩けばPerfumeファンに当たる、と言った状態。動員9000人弱のうち7割程度Perfumeファンだったといっても過言ではなく、前方ブロックはPerfumeの出番の前からすし詰めであった。 早朝起床し東京を出た疲労感もあり、途中眠くなってしまったものの、中田ヤスタカ、CAPSULE、岡崎体育は言わずもがな、友人がよく名前に出していたので予習しておいたtofubeatsは本当によく楽しめた。それだけでなく、DAISHI DANCE、C&Kは友人たちとワイワイ楽しむことができた。 そして、お待ちかねPerfume。前方エリアにいたので圧縮が半端なく、都会のラッシュ時の満員電車かというほど。セットリストは概ね今年のフェスの流れを汲んでいたが、やはりなによりも特筆すべきは彼女たちのプロデューサーであり今回のホストである中田ヤスタカとの共演である。最後の曲、FUSIONで突然の登場。それに加え、彼のステージでのIf you wannaにてPerfumeのパフォーマンス!中田ヤスタカがPerfumeをプロデュースして14年程、ほぼはじめての出来事であり、なおかつ彼の笑みを観ることができ、大満足の公演であった。 Perfumeファンによる圧縮は辛いことこの上なかったが、金沢自体もとてもいい場所であり、Perfumeが出演しなくてもまた来たいと思える楽しい公演であった。

    みんです。
  • SUMMER SONIC 2017 OSAKA

    あまりしらなかったアーティストやエレカシや電気グルーブのようなベテランも見れてよかった。 また、ジャンルも様々で楽しく過ごせました。 ただ、もっとロック系を増やしてほしいと思ったのと、ステージ間の移動で渋滞ができてしまって、ストレスになる事があった。

    龍神丸
  • SUMMER SONIC 2017 OSAKA

    サマソニ2日目 1日目は激混みで、諦めることも大事だと地味に歩を進めましたが。。 2日目はゆったり。 ビッシリの人を見たのは邦楽の人達で。。 洋楽は後ろにゆとり。 前日の疲れがたっぷり残っていたので、ピコ太郎から緩く… なんて思ってたら朝一からがっつり跳ぶハメに。 ジャンプがダメな事が多い昨今、サマソニは発散場所が大量。 燃え尽きるまで跳んだり踊ったり叫んだりも可能。 体育会系のような美しいフォームで次観たいステージに猛スピードで走って行く 人も。。 匙加減は自分次第です。 人は減った2日目ですが、気温は容赦なし。 ただ、今年は冷却エリアが散りばめてあるのが◎ 昨年より運ばれて行く人が少なかったかもしれません。 2日目の人の入りを見てると少し不安も横切ります。 でも、来年もまたプチ修正をかけて更に充実のお祭りを開催してくれると信じて います。 (今年は花火無かった気が。。これはかなり悲し~) ※ 2日目の物販、減らしすぎですっ!

    わたさん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中田ヤスタカ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み