Sound Horizon(サウンドホライズン) のチケット情報

お気に入り登録する
Sound Horizon
Sound Horizon(サウンドホライズン)は、サウンドクリエイター、Revoを唯一のメンバーとする日本の音楽ユニット。

概要
Revo個人のウェブサイトを前身とし、2001年末より同人音楽サークルとして活動開始後、2004年にベルウッドレコード所属アーティストとしてメジャーデビュー。のちにキングレコードに所属を変え、2011年10月現在ではポニーキャニオン所属(一部他のレーベルから発売された作品もある)。

自らを「幻想楽団」と称し、物語性のある歌詞と組曲的な音楽形式による「物語音楽」を主な作風とする。作品は“Story CD”と銘打たれたコンセプト・アルバム群を主軸に展開している。物語の細部や結末はあえて曖昧にされていることが多く、これについてRevoは自身のサイト上、及びコンサートのMC・インタビューなどで「人それぞれの解釈を楽しんでもらいたい」と語っており、PVやアルバムのコンサートツアーにおいては演出担当にRevoとは別の人間を招いている。これもまた公式設定ではなく解釈の一つとして見て欲しいとしており、自らの意見を押し付けないようにとこの形態をとっている。

また、「Chronicle」2作品、「Roman」「聖戦のイベリア」などは全体を通して歴史をテーマに掲げており、Revo本人もインタビューで歴史(の中で語られる人物)をストーリーの軸に置いていると語っている。楽曲の中には欧州の言語などが用いられており、地名も捩ったもの、あるいは実在する地名が使われている。

ジャケットイラストや各ストーリーCDのキャラクターデザインは、メジャーデビュー作品から現在に至るまでyokoyanが手がけている。

2012年6月、他作品とのコラボレーションを専門とする新プロジェクトとして「Linked Horizon」を発表。

編成
自主制作初期の作品ではRevo自身による楽器演奏、及び打ち込みが中心であったが、「Thanatos」以降の作品では、AramaryによるVocalと「語り」と呼ばれるナレーションや台詞が入るようになり、「Chronicle 2nd」以降はサポートミュージシャンを起用している。

Aramary脱退後の2006年春からの第2期活動では“Revoソロプロジェクト”となり、歌手や奏者については特定せずに必要に応じて編成するとしている。
ボーカル
「Sound_Horizon」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2013年03月20日(水) 05:24UTC
公式サイト
公演レビュー
  • Sound Horizon Cafe featuring “Nein” 〈11月下旬〉

    カフェ自体はとても楽しめた。 衣装の展示やイメージメニュー、期間限定での各楽曲ごとの特集など、世界観を感じることが出来た。 しかし運営スタッフが最低だった。 若いスタッフは非常に気持ちよい接客だったが、年の多い男性スタッフが複数名おり、軒並み最低の接客態度だった。 物販のサイン表示が入口にしかなく、入場待機入口からはわからずに場所を質問、わかりづらさを指摘すると、「気付かないのが悪い、わからないならスタッフに聞けばいいのに」と言われる。 翌日までで限定メニュー・限定グッズが切り替わるのに、「明日も明後日も買えるよ!」と無責任な発言。 店内で追加オーダーのために呼び止めると「ん?なに?どうした」と友達相手のような口調で対応。 レジ前で10人近いレジ待ち客の前で、冗談半分だが他の若いスタッフを大声で怒鳴りつける。 など、など、楽しみにしていたカフェで、しかも当日チケット代分が会計から引かれるとはいえお金を払ってチケットを買って入っているのになぜこんな不快な気持ちにさせられなければならないのか甚だ疑問だ。 また、入店のオペレーションも悪く、会計を済ませてから入店のため時間がかかるのはわかるが待ち時間が長くなる旨のアナウンスは一切無い状態でひたすら番号が呼ばれるのを待ち、やっと店内で飲み物にありついた頃にはチケットに指定の時間から1時間半以上経過していた。 後から 整理番号が遅いなら列に並んでずっと待たずとも、ある程度時間が経ってから来ればいいと聞かされたが、そんな事前アナウンスもないし、一般的に考えればチケット券面の指定時間にこないといけないと考えるものである。 指定時間に入場口についた時にはそのまま整理番号事順に並ぶよう指示されたため従ったので、後から並ばなくていいと言われるのは理解に苦しむ。 複数回開催されている好評のイベントであるから、今後システムやスタッフの対応の改善を強く要求する

    通行人
  • Sound Horizon 9th Story Concert「Nein」~西洋骨董屋根裏堂へようこそ~追加公演

    とても良い公演でした。 迫力あり、アドリブありで、とても楽しかったです。 残念なのが、パンの物販が凄かったこと。人が多すぎて、危なかったです。あと、曲間の待ちがちょっと長かったと思うので(といっても、準備の規模から考えると早い方だとは思いますが)、少し工夫していただければ、もっと良かったと思います。

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

Sound Horizon のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み