NICO Touches the Walls(ニコタッチズザウォールズ) のチケット情報

お気に入り登録する
NICO Touches the Walls
NICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)は、2004年に結成された日本のロックバンド。所属事務所はA-Sketch。所属レーベルはキューンレコード。略称は『NICO』『ニコ』(公式TwitterのIDや一部グッズには『NTtW』の表記も見られる)。2015年以降、アコースティック編成の名義として『ACO Touches the Walls』が用いられることもある。

メンバー
※詳細は各人の記事を参照。
; 光村龍哉(みつむら たつや、1985年9月8日 - )
:* ボーカル、ギター担当。ほとんどの楽曲の作詞作曲を手掛ける。愛称は『みっちゃん』。千葉県浦安市出身。高校時代は軽音楽部に所属。
:* 楽曲の中には中高生時代に1人もしくはバンドで作った曲も多く見られる(「病気」、「雨のブルース」、「雲空の悪魔」、「TOKYO Dreamer」など)。
; 古村大介(ふるむら だいすけ、1985年3月1日 - )
:* ギター担当。一部楽曲の作詞作曲を手掛ける(「夕立マーチ」「アルペジオ」など)。愛称は『古くん』。北海道函館市生まれ、千葉県育ち。高校時代は陸上部にごく短期間所属したのち、軽音楽部に所属。光村の一つ上の先輩にあたる。
; 坂倉心悟(さかくら しんご、1985年7月24日 - )
:* ベース担当。一部楽曲の作詞作曲を手掛ける(「Endless roll」「マトリョーシカ」、「チェインリアクション」(作曲は古村との共作)など)。愛称は『さっかん』『しんちゃん』(近年古村からのみ『心悟さん』)。メンバーではただ1人出身高校が異なる。早稲田大学人間科学部卒業。
:* 光村とは共通の友人を介して知り合い、NICO Touches the Wallsが結成される以前に二人はB+(bplus)というバンドを組んでいた。
; 対馬祥太郎(つしま しょうたろう、1985年1月28日 - )
:* ドラム担当。一部楽曲の作詞を手掛ける(「ニワカ雨ニモ負ケズ」「太陽が笑ってら」「口笛吹いて、こんにちは」(光村との共作)、「紅い爪」)。愛称は『ティム』。高校時代は軽音楽部に所属し、部長を務めていた(次代部長は光村)。光村の一つ上の先輩にあたる。古村とは小学3年生で古村が函館から引っ越してきて転入したクラスの同級生であった。
:* HiGEから
「NICO_Touches_the_Walls」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月11日(月) 07:07UTC
公式サイト
公演レビュー
  • NICO Touches the Walls

    私はNICOを好きになって6年半ですが歌も演奏も年々進化してかっこよくなってるのがライブに行く度によくわかります!今回のツアーファイナルでは40分で20数曲やるミステリーゾーンと名打ったものがありましたが、ミステリーと言うだけあり、ある曲の間奏のみで繋いだり、演奏と歌が別の曲だったり、アレンジは予想以上のものでした。ホールでの公演でしたが、光村さんの歌を今回のようなホールとか広い会場でももっと聞きたいなと思いました。NICOは、アレンジ、演奏、歌唱力…とにかくライブが楽しいです。毎回、NICOを好きになってよかったと思います。もっと多くの人と音楽を自由に楽しみたい、という思いも伝わったツアーファイナルでした。

    yuuuuuki
  • NICO Touches the Walls

    まず、河口湖ステタシアターのロケーションとライブのセットリストがめちゃめちゃ合っていて、感動でした。 さすが、NICOセンスがいい!! ステージ上のメンバーがライブに心を込めている、メンバー自身が心からライブを楽しんでいる空気が見ているこちらにもガンガン伝わって来て、それがすごく心地よくて、たまりませんでした。 NICOのライブは数えきれないほど見てきましたが、このライブはベストかもしれない!!ホントよかったです。 最近の曲たちは、みっちゃんがはまっていた迷路から抜け出せたのかな!?振り切れてる感があって、すごくいい!みっちゃんの良さが曲に詩に溢れていていい!その最近の曲たち中心のセットリストで、それも心地よさの要因の一つでした。 台風後の不安定なお天気の中、富士山もちょっと顔(肩)を見せてくれて、NICOを祝福、応援してくれていました。おめでとう! LOVE

    kiekon
  • JOIN ALIVE

    JOINALIVE 今年で2回目の参加でした。いつも感じるのは、駐車場が遠い事。シャトルバスはあるのですが…多分元々は畑地?長雨のせいもあるかと思いますが、車は泥だらけで、時には泥に埋まって動けなくなる事も…その為に駐車場への誘導や帰り時間遅くなるなど、不手際多かったかと。止む無くグリーンランド入場券支払ってでも駐車場を近くに確保した参加者も少なくは無かったようです。LIVEは楽しかっただけに、残念です。 毎年この期間は雨もあるのだから駐車場の整備、もしくは近隣で貸してくれるところなど、探すのも良いのかと思いました。 LIVEは午後には雨も止んでそう寒くもなく楽しまれたかなーと思いますよー ただね、メインのステージのLIVEですが、最後まで観ると札幌に戻る方とかはその先の交通手段無くなるので、止むを得ず途中退席と言うのもあるようなので、みんなが、安心して、参加出来る駐車場と時間の配分など検討すべきかなーと思います。 いずれにせよ、準備から色々ありがとうございます!

    スージーフワッとろ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

NICO Touches the Walls のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み