桜一花(サクライチカ) のチケット情報

お気に入り登録する
桜 一花(さくら いちか、1978年4月2日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団花組の娘役。

石川県河北郡、金沢錦丘高等学校出身。身長156cm。血液型A型。愛称は「いちか」。所属事務所はノックアウト。

来歴
1997年4月、宝塚音楽学校入学。同期には、元月組トップ娘役映美くらら、元星組トップスター柚希礼音、華形ひかるらがいる。

1999年3月、宝塚歌劇団に85期生として入団。入団時の成績は4番。雪組公演「ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台。その後、花組に配属。

2000年、花組選抜メンバーとしてベルリン公演に参加。

2001年、スポニチ紙に連載された「乙女のヅカン第二弾」で、月組・椎名葵、雪組・白羽ゆり、星組・陽月華、宙組・美羽あさひ(組は当時)らと共にリレー・エッセイを担当。

2010年、CD「Tribute to STUDIO GHIBRI」のメンバーに選抜。ソロで「風の谷のナウシカ」をカバー。同年、第14回イゾラベッラ・サロンコンサートを開催。同年、絵莉千晶の退団により、花組娘役の中で最上級生となった。

2014年11月16日、トップ娘役蘭乃はなの退団公演となる「エリザベート -愛と死の輪舞-」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団。

2017年4月1日よりノックアウト所属となり、芸能活動を開始。

人物
4歳からクラシックバレエを習う。宝塚ファンだった母親に連れられて、幼い頃から年に数回、故郷から宝塚大劇場に通って観劇していた。母親の友人の宝塚ファンに刺激されて宝塚受験を決意。高校在学中2回目の受験で合格した。

宝塚時代は「明智小五郎の事件簿―黒蜥蜴」の小林少年、「虞美人」の紅林などの子役に抜擢される他、「愛のプレリュード」ではお婆さん役のジュリーを、ショーでは妖艶な女役など幅広い役を演じていた。

宝塚歌劇団時代の主な舞台
初舞台公演
*1999年4~5月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場)

組廻り
*1999年5~6月、月組『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場のみ)
*1999年7~8月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場)

花組時代
*2002年3~6月、『琥珀色の雨にぬれて/Cocktail』新人公演:フラ
「桜一花」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月25日(土) 20:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「ミュージカル ふたり阿国」

    正直余り面白くなかったです。北翔海莉さんと他数名の方の歌とお芝居がとても良かったです。

    ねこのももちゃん
  • 「SHOW STOPPERS!!」

    千秋楽を忘れていました。 すごく、すご~く良かったです。 姿月さんの「闇が広がる」を久々に聞かせて頂いて、感動していました。 宝塚OGの方々の競演も良かったです。

    @ゆうま
  • 「SHOW STOPPERS!!」

    レビュー書いている時には東京は終わってた。 ごめんなさい。 面白かったです。 アフタートーク付いていたので、お得でした~~。

    のぽぽん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

桜一花 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み