宗像サニックスブルース(ムナカタサニックスブルース, MUNAKATA SANIX BLUES) のチケット情報

お気に入り登録する
宗像サニックスブルース
宗像サニックスブルース(むなかたサニックスブルース、Munakata Sanix Blues)は、2017年現在ジャパンラグビートップリーグに参加する福岡県の実業団ラグビーチームである。本拠地は宗像市・グローバルアリーナ。

歴史
1994年にサニックスラグビー部として福岡県社会人Cリーグ(西日本社会人Aリーグから見ると5部相当)に加盟し、同リーグ戦に優勝。その後、飛び級という異例な形で1995年に西日本Bリーグ(2部)に加盟。1997年には同Aリーグ(1部)への加盟を果たす。1999年には西日本Aリーグで念願の初優勝を果たし、全国社会人大会に出場するが、予選リーグ(プール)戦で敗退。

その後も西日本リーグで2002年まで4連覇を達成し、九州ラグビー界の新興勢力ながらも、その実力は九州一を誇る強豪に成長する。2003年に発足した第1回ジャパンラグビートップリーグに参加し、チーム名も「福岡サニックスボムズ」とするが、関東・関西の強豪に前に屈し、2勝9敗・勝ち点14の最下位(12位)でトップリーグの2部組織の一つ・トップ九州Aリーグ(1部)に降格。2004年にトップ九州と、その後のトップチャレンジAに優勝して1年でトップリーグ復帰を果たす。

チーム名を「福岡サニックスブルース」に変更した2005年はトップリーグ史上初の全敗(11敗・勝ち点2)を記録したが、入替戦で近鉄ライナーズに勝ってトップリーグ残留を決めた。2012年は最下位(14位)となり入替戦で豊田自動織機シャトルズに敗れ、9年ぶりに再降格となった。2014年のトップチャレンジ1で1位となり1年でトップリーグ再復帰を果たすものの、同年は最下位(16位)となり3度目の再降格となったが、翌年の入替戦でNTTドコモレッドハリケーンズを下し、1年でのトップリーグ再復帰を再び果たした。

2014年4月29日、宗像市内で行われた記者会見で同日よりチーム名を福岡サニックスブルースから「宗像サニックスブルース」に変更した。

トップリーグでは2009年の7位が最高である。

成績
リーグ戦戦績
*2003-2004シーズン トップリーグ 12位(2勝9敗)、トップキュウシュウAへ自動降格
*2004-2005シーズン トップキュウシュウA 優勝、トップチャレンジ1・1位、トップリーグへ自動昇格
*2005-2006シーズン
「宗像サニックスブルース」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月22日(月) 11:25UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 宗像サニックスブルースvsオークランド代表

     ・・・嵐を呼ぶ試合とは、こういう試合を言うのだな。 まず、チケットぴあを通して「前売り券」を買うと、指定席4000円に対して システム使用料とか、紙発券手数料とかで540円乗っかってくる、 更にいうと、公式の「前売り券」と「当日券」の金額差は500円、 KRFUか、チケットぴあか、500円の「行き先」が違うだけならまだいい、 問題は「当日券」より「前売り券」のほうが40円「高い」という現実。 しかも前から6列目までしか前売りでは売ってくれない、席選べない。  当日、スタジアムへ行くと、「ラグビーというお祭り」がきちんと出来ている。 そして、トップリーグ時には申し訳程度しかやっていない「スタンド内飲食売店」が サッカーのアビスパ福岡ホームゲーム開催時とおんなじ業者さんが入って、 更に、スタンド外にはラグビー時に来ている欧州軽食や吉野家キッチンカー、 バックスタンドにもサッカーの時とおんなじ業者さんが入ってくれたらいいのだが。 もっというとスタンドに生ビール売りのお姉さん。  ワクワクしながら試合を見ると、トライごとにスモークがでてきて、 ここは「スーパーラグビーかよ」とびっくりしてしまう。 質実剛健な日常もそれはそれで悪くはない。 がだ、一年に一度はこういう「お祭り」のような試合を見たいのだ。

    Fire
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

宗像サニックスブルース のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み