仙台89ERS(センダイエイティナイナーズ) /Bリーグ のチケット情報

お気に入り登録する
仙台89ERS
仙台89ERS(せんだいエイティナイナーズ、(省略))は、宮城県仙台市をホームタウンとしてB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームである。
概要
チームの特徴
89ERSがホームタウンを置く宮城県仙台市は、日本野球機構(NPB)の東北楽天ゴールデンイーグルスと日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)のベガルタ仙台も本拠地を置いている。仙台にある3つのプロスポーツチーム同士で、県内スポンサーを争奪し、金額ではイーグルスに、スポンサー数ではベガルタに広告が集中しており、よって89ERSは広告収入に脆弱性がある。このような経営基盤の弱さのため、89ERSは設立から赤字経営であり、在籍している選手数もリーグ内で少なめであるが、2007-08シーズンには東地区1位となった。また、初めてとなるメインスポンサーである胸スポンサーの獲得にも成功した。運営費は、bjリーグ初年度の2005-06シーズンが約2億1000万円、Bリーグ初年度の2016-17シーズンが約4億1800万円だった(参照)。

89ERSの休日のホーム戦の観客は、その過半数を女性が占め、30歳代次いで20歳代が多い。これは、楽天の平日ナイターの観客が、男女半々で40歳代次いで30歳代が多く、ベガルタでは男性が過半数で30歳代次いで40歳代が多いのと比べて、観客層が若く、より女性が多い傾向が見られる。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響により、1年間の活動休止を3月17日付の公式サイトにて発表。その後、2011-12シーズンについては「経済面などでの条件付」でリーグ戦に参加すると発表し、後に正式参戦した。

2018年度より、チームの経営権がサプリメント製造会社のボディプラスインターナショナル(本社:仙台市)に移行された。

ホームゲーム
(省略)
;レギュラーシーズン(リーグ戦)における、主催試合(ホームゲーム)での、年度別の1試合あたり平均観客数(人/試合)
(省略)
;レギュラーシーズン(リーグ戦)における、主催試合(ホームゲーム)での、年度毎の合計観客数(人)
(省略)

bjリーグ時代
* 括弧内の数字は、開催予定だった試合数。
(省略)
Bリーグ時代
(省略)
;凡例
:カメイ=カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)
:ゼビオ=ゼビオアリーナ仙台
「仙台89ERS」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月12日(金) 12:16UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 仙台89ERS対富山グラウジーズ 2016-17 B1リーグ戦

    久しぶりに興奮しました。仙台もこういう試合ができるのです! 第1クオーターは、「あ~いつもこのパターン・・・相変わらず試合の入り方が甘い・・・」と思いましたが。第3クオーターの後半あたりからボールに対する執着心。闘争心が表面に出てきました。特にホワイトは気合が入っていました「絶対に負けない!」と。相変わらず、ミスは多く、ストレスも感じますが、①もっとパスを素早く展開する。②ボールを持ったプレーヤー以外がどんどん動いてスペースを作る。これができればもっとやれるはずです。東北に雄として、絶対にB2には落ちてはいけないのです!

    餃子共和国
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

仙台89ERS のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み