MAY’S(メイズ) のチケット情報

お気に入り登録する
MAY’S
MAY'S(メイズ)は、日本の男女2人組音楽ユニット。所属レーベルは日本クラウン内のCROWN VenuS。

概説
* ボーカルの片桐舞子は、群馬県の片桐会片桐流民謡の家元である。現在の公式プロフィールには掲載されていないが、実はMAY'S結成前後まで民謡を本格的に続けており、県大会での優勝、両国国技館で行われた全国大会では入賞を果たすなどしている。両親ともに師範という、唄と日本舞踊のサラブレッドである。

* 作曲、プロデュースを担当している河井純一 a.k.a. NAUGHTY BO-Zは元々かなりのロック少年で、現在でも1番影響を受けたのはSIAM SHADEだと語っている。SIAM SHADEの魅力は、「高度な演奏技術、作曲テクニックなどを持ち合わせている上で、それらを単純にひけらかすのではなく、キャッチーなメロディー、一般層が入りやすい表現方法を具体化している理想的なミュージシャン」とラジオ等で語っている。

* 1stアルバム『Beginning』に収録されている人気曲「MaMa」を使用したフラッシュメッセージ、「世界中の全てのお母さん達へ」が、大手コミュニティサイトmixiなど、インターネット上で主婦を中心に話題を集める。母親への感謝の気持ちを手紙風に書き記された内容だが、実際にボーカルの片桐舞子本人が自身の母親のために作ったメッセージで、それを自身のブログや日記で紹介し、共感した多くの人が転載したのが始まりとされる。

* MAY'Sの名前の由来はメンバー2人とも5月生まれ(河井が7日、片桐が31日)と言う意味で付けられた。片桐舞子のユニットで「マイズ」と間違えられることがある。また、結成当時はMay'sで小文字表記だった(後に気分で「MAY'S」に変更)。

* ボーカル片桐はDREAMS COME TRUEに非常に影響を受けており、自分の原点はドリカムと述べている。

* ボーカル片桐舞子の口癖は『はっふ〜ん』である。文章としても本人のblogなどで頻繁に使用されている。尚、はっふ〜んの後ろには顔文字→(*´ー`)がつき、顔文字まで含めて完成形となる。

* アルバム名はインディーズ時代から一貫して「〜ing(進行形)」が使われている。MAY'Sのファンクラブ名も「Smiling」である。

メンバー
* 片桐舞子(かたぎり まいこ) - ボー
「MAY'S」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月20日(土) 04:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • Color-i Pet Collection Vol.2

    私は河村隆一さんの歌を久しぶりに聴きたいと思い、友人を誘って2人で行きました♪ オープニングアクトで、桜塚やっくんの男子ガールズバンドを見ることができて、とっても面白かったです。 面白いだけでなく、歌もうまくて、可愛いバンドで、パリ公演が楽しみです。 企画の主旨が見えず、最初のファッションショーの登場メンバーがいまいちだったのですが いろいろな歌手やグループの歌を聴くことができたのが良かったです。 犬は、アーティストが買っている犬が出てくるのかと思っていたので、ちょっと残念。 Tiara、May’s、そして河村隆一、それぞれに聴きごたえがあり、満足して帰りました。

    manana
  • MAY’S

    念願かなって、ライブ参加できて楽しかったです。 ダブルスコア以上差がありそうなファンの中で、誰のお母さん?と思われていたかもしれないけど、パワフルな歌声に乗せられて一緒に手を挙げて振って身体動かして日頃の疲れを忘れましたよ。 のりのりだったので、そのままのテンションで飲んで食べて、終電途中までという悲惨な最後でしたが(笑) これからの活躍楽しみにしています。

    kurukurukorori
  • MAY’S

    イベントでは何度も見ているのですが、ワンマンは初めて見ました。 曲も良いし、とにかく歌が上手い。 とても満足出来るLIVEでした。

    トッティー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

MAY’S のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み