梅棒(ウメボウ) のチケット情報

お気に入り登録する
梅棒
梅棒(ウメボウ)は、日本のダンスパフォーマンス集団。馴染みのあるJ-POPにのせて、ジャズダンスでストーリー性のある世界観を描く。

概要
日本大学芸術学部のジャズダンスサークル「BAKUの会」を母体として、2001年に結成。コンセプトは「踊りは気持ちだ!」。

メンバー
(省略)
(省略)

チーム名の由来
2001年、今人、うめ、トシヤ、しぇーねー、隆太、ナオキの同期6人で前身となるチームを結成し、うめの名前をピックアップしチーム名を「梅」(ウメ)に。
翌年、隆太が脱退する際に彼のことを忘れないようにと「太」の字をつけて 「太梅」(フトウメ)に変更したものの、出演イベントを観に来ていた別の同期が『昨日観に行ったよ!すっごい良かったよ!なんだっけ、そう…えーーーーーっと、えーーーと………梅棒!!』と間違えたことがきっかけで「梅棒」となる。

読み方は「メ」にアクセントを付けた「ウ→メ↑ボ↓ウ→」。

最近では『他になめられない様に、ポテンシャルが計り知れない男達になろう』という意味も込めて「Un MEasured BOys」略して「UMEBO」と表記することもある。
作品作り
結成初期は原案から振り付けまでリーダーの今人が1人で行っていたが、2009年のJAPAN DANCE DELIGHT挑戦の頃より変化してきている。
まず、今人が作品のプロット(台本)を考えて選曲し、それを全員で練ってストーリーを固める。その後、メンバーそれぞれの得意分野を生かして振り付けを行い、最後に芝居などの細かい演出を今人がつけていく、というのが基本的な作品作りの工程。

また、現在は外部からの依頼で作品を提供する機会も増えてきており、その場合はメンバー2~3人が1作品の全行程を担当する事も多い。

毎回新作の内容や性質によって配役を決める為、梅棒には特定の主役担当メンバー(以後センター)はいない。センター担当が参加出来ない場合でも、他のメンバーが代役を務める。

梅棒の王道スタイルの特徴としてセンターにも作品内のストーリー上で対立する「表センター」と「裏センター」が存在する。その敵対関係をメインストーリーに絡めて視聴者は感情移入を促される。
メインストーリーの裏で、小ネタを含むサイドストーリーが同時に進んでいる場合が多い。

略歴
第一章 : チーム結成 草創期
2001年(平成1
「梅棒」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年01月07日(月) 02:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」

    初見の私にはまったく面白さが分からず、只々観劇が苦痛だった。なので、前半だけで帰宅した。評価は本当は星なしにしたい。

    hal1969
  • 愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

    1回行って面白かったので、追加公演で2回目に行きました。見ていて元気になる舞台です。もうすぐ終わってしまうのが残念。

    JunPia
  • 愛のレキシアター『ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ』

    レキシの楽曲と世界観を見事に表現されていて河原さんの演出に感服!ニートからイケメンまでキュートな魅力の山本耕史さん、八面六臂の活躍ぶりの八嶋さんのアドリブも圧巻!共演者すべてが個性的で人間味溢れ、魅了されました!久々の大爆笑で脳トレにもなりました!リピートする理由に納得です。また、観たい❗再演希望!たくさん笑わせてくれてありがとうございました❗レキシ歴史レキシ大好き!

    かもりん
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

梅棒 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み