杉山ひこひこ(スギヤマヒコヒコ) のチケット情報

公演レビュー
  • 本当の旅(夏の日の本谷有希子)

    最近は、本の執筆ばかりで、なかなか演劇の方をやってくれない本谷有希子さん。 本当に久しぶりの「劇団、本谷有希子」です。 単行本『静かに、ねえ、静かに』に納められている『本当の旅』の舞台化。 本の方は読んでいないですが、本谷さん特有の「毒」を期待して行ってきました。 おじさん・おばさんにさしかかった3人の友人、ハネケン、づっちん、ヤマコは、クアラルンプールへ旅行に出かけます。 旅の様子を写真や動画に撮っては、SNSにアップし、それを見返すことで「旅」を実感する3人。 ガイドブックに載っている占い師のところへ行こうと、現地のタクシーに乗り込みますが、だんだんと人気のないところへ連れて行かれ……。 冒頭、羽田空港で3人が待ち合わせるところから始まりますが、少ししたら、その3人が別のキャストに入れ替わります。 結局、一人三役ならぬ、三人一役……つまり、3組のハネケン、づっちん、ヤマコが登場することになります(合計9人)。 最初は、「ん?どういうこと?」と思っていましたが、観ていくにつれ、「ハネケン」「づっちん」「ヤマコ」は固有名詞じゃなく、誰もが同じ、大勢の中の一人ということなんだろうと解釈しました。 彼らの話す内容は薄っぺらで、ボキャブラリーも「まじ」「やばい」「すご」の連発。 危機的状況に陥っても、正常バイアスがかかりまくり、目の前で起きていることを信じようとしない。 そして、スマホの中、ネットの中の方を「本当」と思ってしまう。 といった、ちょっと鏡を見せられている気分にもなりました。 後半、寒くなってきたのは、効きすぎたクーラーのせいばかりでは無いはずです。 劇場は、裏原宿にあるVACANTというライブハウスのようなところ。 ステージを挟んで、両側に50席ずつくらいの客席がありました(全席自由)。 すべてが手作り感満載で、開演前にはキャストがステージで物販していたり、本谷さんもカツドックを売りにきたりして……。 こういう公演もいいですが、今度はもう少し大きなところでの「劇団、本谷有希子」を楽しみにしています!

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

杉山ひこひこ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み