大月さゆ(オオツキサユ) のチケット情報

お気に入り登録する
大月 さゆ(おおつき さゆ、1982年7月3日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団雪組の娘役。

石川県出身。公称身長161cm。愛称は「なつき」、「なっちゃん」。

略歴
宝塚ファンだった母のすすめで、幼いころからモダンダンスやピアノ・宝塚歌劇に親しんでいた。

「ヒップホップを習い始めて踊りの楽しさに目覚めた高校生の時、兄が病気で入院し、健康でいられることの幸せを痛感した。『一度しかない人生、自分のやりたいことに挑戦してみよう』と高校卒業後は関西のダンス専門学校に進学を考えていたが、かねてから宝塚音楽学校を受験させたがっていた母の勧めで受験し、合格した」と『宝塚GRAPH』の取材で語っている。

2001年、宝塚音楽学校入学。芸名は、大切な兄妹と自らの名を組み合わせた。

2003年、第89期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は49人中35位。同期生に夢咲ねね、白華れみ、華月由舞、澪乃せいら、純矢ちとせ、羽桜しずく、愛花ちさき、凪七瑠海、望海風斗、美弥るりか、明日海りお、壱城あずさ、蓮城まこと、七海ひろきなど。月組公演『花の宝塚風土記/シニョール・ドン・ファン』で初舞台を踏み、同年5月22日に純矢、蓮城らとともに雪組に配属される。同年の『JUBILEE-S』では、入団1年目にして当時専科の樹里咲穂の実質的な相手役ミリーを演じた。

2005年の『さすらいの果てに』で、主演の壮一帆に思いを寄せる看護婦を演じ、ソロの歌を聴かせた。

同年7月から1年間、同期の蓮城まこととともに、TAKARAZUKA SKY STAGEの第4期スカイ・フェアリーズを務めた。

2006年、『ベルサイユのばら』新人公演では、ディアンヌ役を演じる。同年、凰稀かなめの初バウ主演作品となる『Young Bloods!!-魔夏の吹雪-』にて初ヒロイン。芝居では、太平洋戦争前後の古典的な女性像を演じた。直後の『雪組エンカレッジコンサート』では、同じく入団前から好きだったという作品『哀しみのコルドバ』よりヒロイン・エバのソロと、同じく大好きなミュージカルだという『ミス・サイゴン』より「命をあげよう」の2曲を歌唱した。

『堕天使の涙』では本公演で初の大役となるイヴェット役を演じ、新人公演では初ヒロインを務めた。以降、トップ娘役候補として、ヒロイン役が続く。2007年『ノン ノン シュガー!!』で
「大月さゆ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2017年04月09日(日) 14:14UTC
公式サイト
公演レビュー
  • cube 20th Presents Japanese Musical 「戯伝写楽2018」

    激しくも、鬼気迫る写楽像は流石、「中島かずき」氏!! それに呼応する、役者陣!! 特に、しょこたんは、想像以上に、凄まじかったです!! 生バンド演奏、舞台転換も出色でした!! 先着10本のサイン入りポスターGET出来て、更にテンション上がりました!!

    まるぴ
  • ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Amour Eternal-

    セーラームーンミュージカルの第4段はデッドムーン編で1番好きな話だったので、面白くて感動しました。

    erimoni
  • タンゴミュージカル「ロコへのバラード」

    西島さん、とタンゴ目当てに、申込みして、観劇しましたが、予備知識なくアルゼンチンタンゴダンスをみたくて、まさに、期待したとおりの、公演でした。ゆみこさんの、洗練された鍛えぬかれた、ボディに、感心しました。私は、今は亡き、大浦みずき、なつめさんの、大ファンで、退団した、あとの、アルゼンチンタンゴダンスに、力をいれていた、なつめさんを、重ねてしまいました。やはり、おもいは、続けられていくんだな、とおもい、なつめさんが、舞台にいるような気さえしました。また、このような、タンゴミュージカルが、観られることを、期待します。

    フェリシア
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

大月さゆ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み