アルベール・カミュ(ALBERT CAMUS) のチケット情報

公演レビュー
  • 誤解

    事前勉強をあまりせずに臨みました。 そのせいか、どう捉えたらいいのか、ちょっと悩んでしまいました(笑)。 素直に、ある家族の物語? それとも、何かを象徴していて、大きなメッセージが隠されている? 少なくとも、単なるサスペンスでないことは確か……。 田舎の小さな宿を営む母(原田美枝子さん)と娘・マルタ(小島聖さん)。 彼女たちは、宿泊客を殺して金品を奪い、その金で、いつの日か、この陰鬱な場所を出ていきたいと夢見ていました。 そこへ20年前に家を出て行った息子・ジャン(水橋研二さん)が帰ってきます。 しかし、息子だと気づいてもらえず、また自ら息子だと名乗りたくない(向こうから気づいて欲しい)ジャンは、彼女たちによって……。 ストーリーは非常にシンプルで分かりやすいものの、交わされる会話に含み?があるため、そこらへんを読み取ろうとすると、なかなか厄介です(笑)。 でも、母親(原田美枝子さん)の疲れと後悔が入り混じった感じ、娘(小島聖さん)の少し狂気じみたエネルギッシュな感じが、うまく対立し、観ていて惹きつけられました。 終演後、未消化の部分を何とか理解しようと、作品や作者について、ネットで調べたりしたんですが、その中で、アルベール・カミュについて書かれたWikipediaに「彼は一貫してキリスト教や左翼革命思想のような上位審級を拒否し、超越的価値に依存することなく、人間の地平にとどまって生の意味を探しもとめた。彼は「父」としての「神」も、その代理人としての「歴史」も拒否した。」という記述があるのを見つけました。 ラストシーン、それまで一度も口を開かなかった使用人(小林勝也さん)が、救いを求めるジャンの恋人(深谷美歩さん)に対して放った一言の意図が、これで分かりました。

    touch
  • 新国立劇場演劇「誤解」

    舞台中央にソフャー、前後を仕切る大きなうす灰色の幕が壁になり、ある時は低く垂れこめるどんより曇り空を表している。無口な年老いた使用人(小林勝也)が置いた椅子の位置でロビーと部屋を分ける粗末なホテル。マルタ(小島聖)と母(原田美恵子)は、ある計画を胸に秘め、金のありそうな一見の客を睡眠薬で眠らせ殺害し、金を奪う算段を繰り返していた。二人は陰鬱なこの地を離れ海の見える明るい国に移住する資金が欲しかったのだ。そこに20年程前に母子を捨て故郷を離れた息子ジャン(水橋研二)が、二人の幸せを叶えるために戻ってきたが、二人は息子とは気が付かない。何か不吉な予感を感じ、心配する妻マリア(深谷美歩)を置いて、一人チェックインしたジャンの「肉親と気付いてほしい」と匂わす会話と、飽くまで客として品定めをするマルタとのやり取りが、可笑しみを帯び、やがて悲劇に繋がってゆく。殺人を冒してまでもその地を離れたいマルタの心理は分からないが、小島聖の必ず成し遂げるという強い狂気じみた意志を感じさせる目力に凄みを感じる好演であった。ジャンは何故名乗らなかったのか、20年の空白が埋めがたい距離を作ってしまったのか?わかってもらえるのではというジャンの身勝手なのだろうか?……自分の居場所ではないと見切りをつけたジャンに計画は実行された。観客にはこの展開は予想されていて、マルタの頑なで冷酷な心理の背景にカミュの書かれた時代背景が影を落としているのだろうか?愛を持たない女と愛を失った女の諍いは果たして?救いを求める女に対し、終始傍観者らしき老人は‘‘否‘‘とひと言発する。彼は何者なのか。

    粗忽者の早とちり
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

アルベール・カミュ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み