中嶋克彦(ナカジマカツヒコ) のチケット情報

公演レビュー
  • 合唱舞踊劇「カルミナ・ブラーナ」

    合唱、バレー、オペラ歌手、オーケストラのコラボレーションを指揮者、演出家が引き出した 作品はすばらしかった。 残念だったのは開演前、聴衆が入場始めている中でオーケストラオーボエ奏者が 楽器の手入れ・準備不足と思われるリードの調整をオーケストラピットの中で 30分以上も続けているのは耳障りで、プロの奏者ならたとえチャリティコンサートでも 楽屋で調整してくるべきではないか。 プロの管弦楽団でありながら聴衆がいるという感覚が希薄で仲間の誰も注意しない雰囲気が残念。

    BECHA
  • バッハ・コレギウム・ジャパン

    32年ぶりにマタイ受難曲を聞き、良さを再確認しました。一方、アーテイストに関係ないがコンサートフォールの椅子改善の余地あり。

    BECHA
  • エルヴィオ・ソーヌス

    エルヴィオ・ソーヌスの合唱を期待して初めて聴かせていただいた。私も多少合唱をかじっていたが、ちょっとガッカリしたというのが本心。合唱歌いだしの各パートがバラバラだし、男声パートの人員不足のせいか怒鳴り声に聞こえる個人が耳障りだった。また、この曲の合唱は意外と難しくちょっと練習が足りません。 女性ソリストのお二人はBCJのメンバーであり、さすがに実力をお持ちでしたね。 このコンサートでもそうだったが、合唱団員や楽団員がそろった後おもむろにコンサートマスターが万雷の拍手に迎えられて登場。肝心の指揮者やソリストを迎える拍手のほうが少ないようでは指揮者やソリストに失礼ではないか。いつからこんな習慣になったのか、まだ他のオーケストラでは楽団員と同時にコンサートマスターが登場していて、こんなことにはなっていないのだが。

    かさかしげ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

中嶋克彦 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み