水野貴以(ミズノタカイ) のチケット情報

公演レビュー
  • 奇跡の人

    この舞台は、これまでに配役も変えて何度も上演されていますが、もう”間違いない”舞台です! 私が初めて観たのは、2006年の石原さとみさん(ヘレン役)・田畑智子さん(サリヴァン役)の時でした。 おそらく、誰もが小さい時に読んだヘレン・ケラーの伝記。 最後、ヘレンが「水」を理解して「ウォーウォー(water)」と叫ぶという”オチ”まで知っています。 こんなオチまでわかった王道の感動もの……小さい頃は、単に「よかったね」だけで終わっていたと思います。 私は最初、石原さとみさんを観たいだけで行ったんですが、終わってみれば、涙を流さんばかりの大感動! それ以来、この舞台のファンになりました。 ということで、2014年の高畑充希さん(ヘレン役)・田畑智子さん(サリヴァン役)の観劇に続き、今回で3回目です。 今回は、ひときわ熱量の高いサリヴァン先生(高畑充希さん)でした。 高畑充希さんの、一語一語はっきりと力強く発するセリフが、サリヴァン先生のキャラクターをより強く印象付けていました。 それ故に、彼女の言葉一つ一つが、魂を揺さぶってきます。 『奇跡の人』はヘレン・ケラーの伝記でありながら、サリヴァン先生の物語であると、改めて感じました。 とは言え、ラストの「ウォーウォー」のシーンは、ヘレン役(鈴木梨央さん)の最大の見せ場……ここはもう間違いなく、文句なしに良かったです。 そこここで嗚咽も聞こえるほどでした。 周りを固めるケラー家も豪華(益岡徹さん、江口のりこさん、須賀健太さん)でしたが、私が驚いたのは、サリヴァン先生がいた盲学校の生徒・セアラ役の福田彩実ちゃん(5〜6歳?)。 視覚障害者役なんですが、その視線のあり方や表情の作り方など、ちょっと信じられないくらい上手かったです。 サリヴァン先生に別れを告げて、部屋から出て行く時も、壁を手で探るような仕草もして……残念ながら、登場シーンはここだけでしたが、もしかしたら、このままヘレン役もできるんじゃないかと思ってしまうくらいでした。

    touch
  • YOSHIKO

     岡田嘉子さんの帰国をぎりぎり知っている世代で、その時代背景もわかるから、どうやってミュージカルにするのだろうと疑問だった。ところが、いい意味で裏切ってくれた。  最初の場面は、「期待通り」深刻な場面だった。岡田嘉子と杉本良吉がソビエト人から取り調べを受けている。短い会話の後、杉本が連れ去られる。でも、二人は必ず再会して、共に演劇を造っていくことを信じている。ゲートのような舞台装置が印象的である。そこをくぐれば、別の世界に行けるとも思われるし、二度と帰れないとも感じられる。このゲートは、全編通していろいろなものに見えるように作られている。後で、この場面を最初に置いた理由がわかってくる。ここが2人にとって、最も悲劇的な場面だったのだ。  時を遡って、若き日の嘉子さんが登場する。進行役と、他に何役もこなす弁士が、わかりやすく説明してくれる。弁士の存在は、レトロ感もあっていい。恋にも演技にも真っ直ぐぶつかっていく嘉子さんには、当然周りも振り回される。当時としては、かなりはっちゃけた女性だったのだろう。でも、それがテンポよく描かれているから、音楽ともよく合って、楽しくコミカルなものになっている。唯一の常識人である姑が翻弄されるさまも楽しい。TVドラマでよくある、単なるドタバタコメディとは一線を画している。役者の力量の差だろう。  運命の相手である杉本との出会いがあるが、彼の挫折とロマンスも、丁寧に描かれている。結果的に杉本に去られてしまう妻にも、人格が与えられているのだ。嘉子と杉本は、今流に言えばW不倫なのだろう。しかし、現代の芸能人のスキャンダルなど、太刀打ちできない重みがある。  ここからは一気に話が進み、杉本の悲劇や、嘉子のソビエトでの暮らし等がまた無声映画風に説明され、嘉子の帰国となり、華やかなフィナーレになる。  国産ミュージカルもなかなかいいものだと感銘を受けた作品であった。

    麻川冴
  • ミュージカル座

    とにかく楽しい、笑いどころ満載のストーリー。それだけでなく、水野さん、伊東さんをはじめ、実力ある出演者の方々の歌声も、満喫できる作品でした。

    いごっち
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

水野貴以 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み