名古屋オーシャンズ(ナゴヤオーシャンズ) のチケット情報

お気に入り登録する
Fリーグ 名古屋オーシャンズ
名古屋オーシャンズ(なごやオーシャンズ、(省略))は、日本の愛知県名古屋市をホームタウンとする、日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブである。旧名称は大洋薬品/BANFF(たいようやくひんバンフ)。ホームアリーナは名古屋市港区の武田テバオーシャンアリーナ。

(省略)

概要
武田テバオーシャンアリーナが名古屋港の近くにあることから、チーム名称には「海を越え世界へはばたいて行きたい」という意味が込められている。

獲得した主要タイトルは、計30回(AFCフットサルクラブ選手権3回・Fリーグ11回・Fリーグ オーシャンカップ8回・全日本フットサル選手権大会6回・FUTSAL地域チャンピオンズリーグ1回・東海リーグ1回)である。

サテライトチームとして名古屋オーシャンズサテライトがある。漫画家の高橋陽一はオーシャンズ応援イラストを公式サイトなどに提供している。名誉サポーターとして愛知県知事の大村秀章と名古屋市長の河村たかしがいる。応援番組として東海テレビでオーシャンズTVが放送されていたが、2013年9月に終了した。

歴史
Fリーグ開幕以前
2006年に大洋薬品フットサルクラブ株式会社が設立された。オフィシャルスポンサーとして大洋薬品(現・武田テバファーマ)、クラブスポンサーとしてバンフスポーツを迎え、2006年5月に日本初のプロフットサルクラブとして大洋薬品/BANFFを結成。眞境名オスカーが監督に就任した。2006年は8,000万円の年間予算全額を大洋薬品が出資している。2006年4月には全国リーグのFリーグ設立が決定されており、2006年10月26日にはメインアリーナである大洋薬品オーシャンアリーナの建設を発表。2007年1月にはクラブ設立後初の第12回全日本フットサル選手権大会で優勝し、2月には2006年度の東海フットサルリーグで優勝し、3月にはFUTSAL地域チャンピオンズリーグで優勝してシーズン3冠を達成。2007年4月にはFリーグ規定に則って地域名を冠した名古屋オーシャンズに名称変更し、Fリーグの開幕を迎えた。

眞境名オスカー監督時代(2006年-2007年)
2006年、クラブ初代監督として眞境名オスカー監督が就任。
クラブ発足年の目標として掲げていた国内三冠(東海リーグ、全日本フットサル選手権大会、地域チャンピオンズリーグ)を
「名古屋オーシャンズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月28日(日) 12:23UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

名古屋オーシャンズ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み