辻則彦(ツジノリヒコ) のチケット情報

公演レビュー
  • 「宝塚BOYS」

    初演からずっと観てきて今日が一番若いBOYSでした。一生懸命、涙と汗が飛び散る熱意溢れる舞台でした。歌もダンスももうひと頑張りというところですが今しか持てない若さの煌めきが眩しかったです。 再演があるのなら成長した彼らにまた会いたいと思います!

    いばら姫
  • 「宝塚BOYS」

    この舞台は何度もキャストを変えて上演されているのですね。 今回の主人公は、舞台でワンピースのルフィをやったことで有名な永田崇人君という小さいけどイケメンな人。ちょっと声が高くて台詞も走っていましたが、熱演でした。 主人公と言ってもみんなが主人公のようなもので、7人の男子部の人それぞれに戦争と過去と戦後を背負った話があって、キャラがいろいろで面白かったです。 この戦後すぐの時代だから、この人達はこんなに頑張って、稽古、稽古の毎日を我慢して、男女合同公演を夢見ていたんでしょうね。それにしても、新芸座とかは出ていたのでしょうか。馬の足をするだけで、他の舞台にちょこっと出るくらいでよく我慢できたなあと思います。待たされて、待たされて、本当にだんだんかわいそうになります。 でも、人間ってこういう不運とか、頑張って期待したことがぽしゃったりとかいう事はみんな一度も無いと言う人はいないと思います。そういう意味で感情移入できるのか、客席はすすり泣く声がけっこう聞こえました。 最後に宝塚のショーの最後のようなフィナーレがあるのですが、小さい階段が出てきて、7人がタキシード(宝塚で言う、黒タキというやつ)を着て踊り、最後羽をしょって出てきます。この羽をしょって出てきて、「おぉたからづか~」と歌うところ、涙が出てきました。あまりにもせつなくて、こういう場面をずーっと夢見ていたんだなと思うとかわいそうすぎました。 ダンサーの役は東山くんが出るのを見たかったのですが、私の行った公演は、同じダンスグループの中塚皓平くんという人で、背が高くていかにもダンサーって感じでかっこよかったです。次の舞台も見たいです。 あとは舞台経験の多そうな山口大地くんが面白かったです。他のキャストはこれからっていう若い人達ですね。 千秋楽で、みんな名残惜しい、楽しいカンパニーだったという感想を述べられていました。

    スギョン
  • 「宝塚BOYS」

    ●ストーリーも分かりやすいし、笑い0ってわけでもなく、最後のシーンは圧巻だし、「舞台?2.5しか観たことなーい!」っていう人が見ても楽しめる(楽しくないけど楽しめる…難しいな…)舞台だなと思いました。 ●凄い切なくて涙がとっても出る演目でしたが、最後のステージや出発のシーンがすごく後味がいいので、終わった後に暗い気持ちを引きずらなくてよかったです。大団円!で終わる演目が好きでアンハッピーエンドなんか見たくない!という派なのですが、最後があったので辛くなかったです。でも一番涙が出たのは、なによりもステージのシーンでした。 ●若い男子の他に、寮のおばちゃん(君原さん)が出てくるのですが、私も君原さんになった気持ちになって見ていました。 ●彼らが頑張った結果が一つの物語になり、戯曲になり、今の若い俳優たちが輝く場を作っているっていう巡り巡ったすごい大きなことをしたんだって思いました。 ●本当に出演者のみなさんが輝いていました。嬉しいことも、悲しいことも、現実では無し得なかったことも、全部が観客の心に刺さったと思います。 ●公演のことではないのですが、今回パンフが大変に、「こりゃぁ、にくいことするねぇ!」という感じでした。カバーがかかっていて、一見そっけない感じなのですが、そのカバーの裏に、BOYSの正装写真が。カバーをとった表紙ですらなく、ほんと、カバーの裏に。結局表には出れなかったと言うのを暗示している気がしました。気がついたのが帰りの電車だったのですが、うっかり泣きそうになりました。

    まめこSP2
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

辻則彦 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み