クリトリック・リス のチケット情報

お気に入り登録する
公演レビュー
  • BAYCAMP KOBE 2019

    各アーティストのパフォーマンスは置いておいて、 主催者側の対応が最低の公演でした。 15時間にもおよぶ長帳場のイベントにも関わらず、再入場に規制がありました。 それも、再入場をするためには21時までは外に出られないというものです。 会場内に飲食物の出店はありましたが、どれもイベント価格のものです。 あからさますぎて不快感がものずごかった… また、再入場をするためにみんながみんな21時まで中にいるもんだから、 会場外の小さなスペースと会場内の休憩スペースに人が密集していました。 なかば軟禁のような気分で21時までを過ごしました。 友人は再入場ができないためにドリンク代でチケット代以上の出費を支払うこととなりました。 また、飲食物の持ち込み禁止だったそうなのですが、アナウンスは無く。 入場時に持ち物検査もありませんでした。 なのに、いざ会場内で飲食していると没収されました。 安いチケット代でいろんな人にアーティストを観てほしいという主催者の思いがあったのかもしれませんが、 結果として会場にお金を落とさせるようなシステムは不快です。 それであればチケット代でとってくれ。 自由に音楽を楽しませて欲しかった。

    おさとう
  • YOSHI ROCK FESTIVAL 2019

    開演はもっと早いんですが、自分は石の家ステージのSHIMAからスタート。 福岡県北九州市出身の彼らは、ここ新木場について「海の感じとか倉庫とか、北九州みたいだ」と評します。 後半に控える細美さんやTOSHI-LOW、イッチャン目当てのお客さんが多い中、もしかしたらアウェイになってしまうかもしれないSHIMAでしたが、彼らのパワフルなパフォーマンスと美メロサウンドは、きっと初見の人たちにも届いていたに違いない。 フロア最前はもちろん、中盤から後方エリアでも手を上げたり身体揺らしたりして楽しむ観客の姿を目撃。YOSHIROCK初参加というSHIMAを歓迎ムードで受け入れます。実際、やっぱりSHIMAのライブは楽しい!激しくて明るくて面白くてグッとくる。 彼ら独特の挨拶「ザイマス!」がコーストに響き渡ります。「おはようございます」「ありがとうございます」「おめでとうございます」を兼ねた挨拶です。 代表曲のひとつと言ってもいい『FUSUMA』では、同曲のMVに出演しているロバート秋山がサプライズでステージに登場し、例の梅宮スタイルまで披露して会場を盛り上げてくれます。 ラストにはヘイスミ猪狩プロデュース曲の『すすれ -Re麺ber-』で〆。見た目がシュッとしてるわけじゃないけど、鳴らす音楽はめちゃくちゃカッコいいバンド、SHIMA。今日をきっかけにより多くの人に認知してもらえたら嬉しいなあ。 各アーティストのレポ含むフルバージョンは「音漏れ人生」で検索してご覧ください。

    ほしのん
  • THE 夏の魔物

    最高のトリプル対バンでした!

    旗本屁理屈男
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

クリトリック・リス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み