鈴木千尋(スズキチヒロ) のチケット情報

お気に入り登録する
鈴木 千尋(すずき ちひろ、1977年2月17日 - )は、日本の男性声優。山形県出身。血液型はA型。身長165cm、体重50kg。フリー、オフィスモノリス(業務提携)。(省略)

経歴
母親がアマチュアで演劇活動をしていたことから、幼い頃より舞台に親しんだという。高校卒業後、代々木アニメーション学院仙台校で1年、東京の日本ナレーション演技研究所で2年学び、その後アイムエンタープライズに所属する。父親が銀行員であり、親類も公務員が多かったために、声優という不安定な職業に就くことを反対されていた。専門学校時代の1年間は父親とほとんど口を利かなかったが、養成所の入所試験に合格し上京を許される。

1998年、テレビアニメ『彼氏彼女の事情』の有馬総一郎役で声優デビューする。以降、似たような優等生タイプのキャラクターを演じることが比較的多かったが、2004年のテレビアニメ『砂ぼうず』でそれまでとは全く異なる下品な主人公・水野灌太役を演じた。

2000年、声優の鳥海浩輔、サエキトモと共に『デ・ジ・キャラット』から派生した声優ユニット「P・K・O」を結成。CDの発売やライブ活動などを行っていたが、後にサエキが病気療養で休業となったため活動を休止した。

2003年4月1日、所属事務所をアーツビジョンへ移籍。

2005年、ゲーム『テイルズ オブ ジ アビス』において、主人公・ルークとその敵となる六神将・アッシュの一人二役を演じた。アフレコの時も同時に演じていた(エピローグでもまた違った声色を披露している)。

2006年から2007年にかけて放映された『轟轟戦隊ボウケンジャー』のレイで特撮初出演。その後も、スーパー戦隊シリーズの悪役声優としてたびたび出演している。

2010年2月1日、アーツビジョンを退所しフリーで活動。2013年2月からはオフィスモノリスと業務提携を行っている。

2012年以降は地上波ドラマにゲスト出演するなど、活動の幅を広げている。

特色
主に少年から20代の成人男性を演じる。デビュー当初の爽やかな青少年役や優等生タイプをはじめ、下品な役からクールな役、世間知らずな役などを演じている。

本人曰く「やや高めの声」を持ち、役作りの上ではこの声を多用することが多いが、前述のアッシュやレイなどのように、低音の声を使うこともある。本人は「吹き替えがとても大好
「鈴木千尋_(声優)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月21日(火) 21:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • テイルズ オブ フェスティバル 2018

    楽しかったです。シークレットゲストが立木さんでびっくりしました。かっこよかったです。 鈴村さん司会一生懸命さがよかった。あしたも行きます。

    ちょうさん
  • アニメ JAM 2016

    凄い個性のぶつかり合って 楽しかった! アテレコも楽曲も素敵でした!

    せいた
  • テイルズ オブ フェスティバル 2014

    初めてイベントに参加したのですが、最高に楽しかったでした!!自分の好きなキャラクターに出たときは、テンションが上がってヤバかった。トークや、スキットも凄く面白くて、歌もあって、あっという間に終わっちゃって、寂しいし、もっと見ていたいなって、来年もしあったら是非行きたいですし、今回は1日しか参加出来なかったので、全てのイベントに参加してみたいなと、思いました。参加された皆様本当にお疲れさまでした。

    しりょ子。
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

鈴木千尋 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み