在日ファンク(ザイニチファンク) のチケット情報

お気に入り登録する
在日ファンク
在日ファンク(ざいにちファンク)は、日本の7人組ファンクバンドである。ジェイムズ・ブラウンから流れを汲むファンクを日本に在りながら再認識することを試みている。

概要
SAKEROCKのトロンボーン奏者である浜野謙太を中心に2007年に結成。名前の「在日」という言葉はベースの村上が提案した。なお、このことについて浜野は、「「在日って言葉よくない? 」って言われて、当初は響きだけ「いいな」だったんですが活動したり言葉の意味をよく考えてみたりすると、不思議としっくり来ていることに気付いたんです。」とコメントしている。結成当初は、「浜野謙太と在日ファンク」としてライブ活動を展開していたが、「在日ファンク」と改名し2010年1月6日にデビューアルバムをリリースした。

2011年1月末日をもってバンド初期より共に活動を行ってきた福島“ピート”幹夫(Sax)が在日ファンクから離れることを表明。それに伴い、新メンバーとして後関好宏の加入が決定。後関は、菊地成孔主宰のDATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDENの元メンバーであり、自身の所属するバンドstimをはじめ、EGO-WRAPPIN'やSuperflyのサポートも行っている。

2014年6月13日、日本コロムビアよりメジャーデビューを発表。2枚のアルバムと1枚のシングルをリリースし、結成10周年を迎えた2017年、後関好宏が3月19日のライブをもって脱退することを発表。後任として浜野が率いるNewdayのメンバーである橋本“KIDS”剛秀が加入し現在に至る。

メンバー
*浜野謙太(ボーカル)
*村上啓太(ベース)
*仰木亮彦(ギター)
*永田真毅(ドラム)
*橋本“KIDS”剛秀(サックス)
*ジェントル久保田(トロンボーン)
*村上基(トランペット)

ディスコグラフィー
オリジナルアルバム
(省略)

ミニアルバム
(省略)

シングル
(省略)

ベストアルバム
(省略)

DVD
(省略)

参加アルバム
*モテキ的音楽のススメ 〜中柴いつか・小宮山夏樹盤〜 (2010年9月8日)
::6. もしも明日
*モテキ的音楽のススメ 〜映画盤〜 (2011年8月31日)
::6. マルマルファンク (from 映画「モテキ」 Live ver.)
*モテキ的音楽のススメ 〜MTK PARTY M
「在日ファンク」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月13日(土) 02:41UTC
公式サイト
公演レビュー
  • カクバリズム 15years Anniversary Special

    豪華、ステージはいい。だけどソレを帳消しににするくらいツラい。みんなマナー悪い、いや悪くなるか9時間も無法地帯になったら。カクバリズムは色々とSAKEROCKの解散のときもそうだったけどライブの運営の仕方が酷いなぁ極力行かないなぁと思ってしまう。ライブ自体はいいのに残念。

    どこぞのK
  • METROCK ZERO

    ライブの楽しませ方がうまいWANIMAに毎回圧倒されます。パフォーマンスの質が半端ない! 在日ファンクも初だったけど、 ライブ見てもっと聴きたくなりました! チケットが当選して、こんな良いライブ見れて良かった。 ぴあさん、ありがとうございました!

    行田のパンクキッズ
  • 百万石音楽祭2016~ミリオンロックフェスティバル~ 1日券

    4号館の野外ステージで1番目に登場した、富山県の RIGET というバンドの必死さが新鮮でパワフルでよかったよ!

    だん れいこ初ジャンプ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

在日ファンク のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み