IGFプロレスリング(アイジーエフプロレスリング) のチケット情報

お気に入り登録する
IGFプロレスリング
イノキ・ゲノム・フェデレーションは、プロレスと総合格闘技の団体。略称はIGF(アイ・ジー・エフ)。現在は会社名を変更して以降の法人名はアシスト、大会名は東方英雄伝(とうほうえいゆうでん)になっている。

歴史
イノキ・ゲノム
2006年、新日本プロレスの筆頭株主(実質は株主預かり)であった猪木が、所持する全株をユークスに売却して実質オーナーから退いた。同時に、9月1日に日本武道館にてアントニオ猪木対モハメド・アリ戦30周年を記念して「イノキ・ゲノム〜格闘技世界一決定戦2006〜」なる興行を開催することを明言。38万円のリングサイドチケットなど話題を振りまいたが、直前になっても日本武道館側が「予約すら入っていない」ことを明かして、その後延期を表明。10月15日に同所で行うことを猪木が明言したが、再び延期となり、11月に大木金太郎の追悼として韓国にて興行を行うと発表されたが、会場指定もされずに実現しなかった。1月に延期することが発表されたが、こちらもやはり実現しなかった。

IGF旗揚げ
2007年3月8日、プロレス復興をテーマに新団体旗揚げを発表。猪木は新団体の社長となった。猪木の娘婿であるサイモン・ケリー猪木も新日本プロレス社長を辞職して新団体に合流。

3月14日、資本金1億円で会社登記。東京の銀座に事務所を構えて4月1日から営業を開始。2006年より居酒屋チェーン「アントニオ猪木酒場」を展開している焼肉屋さかいなどを傘下に持つ外食産業大手のジー・コミュニケーションの支援を得てIGFの事務所も同社の東京オフィス内に構えられた。

IGF旗揚げ後
6月29日、両国国技館にて旗揚げ興行「闘今 BOM-BA-YE」を8,426人の観衆を集めて開催。大方の予想を覆して大成功を収めた。観客数は実数で発表していると公表したが後に旗揚げの観客数は手違いで少なめに発表してしまったとサイモンが告白。メインイベントでは新日本プロレスで3代目IWGPヘビー級王座を獲得して王座剥奪後も新日本にチャンピオンベルトを返却しなかったブロック・レスナーがカート・アングルと非公式な3代目IWGPヘビー級王座戦で対戦し、アングルがアンクル・ロックで勝利してベルトを獲得した。その他、ジョシュ・バーネットや小川直也らが勝利を収めた。

ちなみに、大会名を「闘魂」ではなく「闘今」としたのは、この時点で「闘
「イノキ・ゲノム・フェデレーション」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月23日(火) 05:06UTC
公式サイト
公演レビュー
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

IGFプロレスリング のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み